« 命の花 | トップページ | JFKの娘 »

2013年11月20日 (水)

アイヴィー

Krsk0072

「蔦の絡まるチャペルで」ペギー葉山さんの学生時代は音楽の教科書に載っていたので記憶にあるのですが、原曲を聞いた記憶がありません。関西で蔦といえば甲子園を思い出します。赤レンガ建築に蔦は良く似合い、古い西洋建築様式の建物にとって天然の日よけカーテンです。

Krsk0069

古い建造物が残る倉敷では蔦の絡まる西洋建築をいくつか見かけます。大原美術館の垣根やその隣の喫茶店など蔦に捕食されつつあるというほどに絡みついています。ここアイビースクエアもアイビー(蔦)と名前がついているように蔦の美しい建物です。今ではホテルになっていますが、クラボウの記念館もあるように紡績と関係の深い建物でした。

Krsk0067

クラボウ、倉敷紡績は大阪に移転していますが今でも大きな企業です。倉敷にはもう向上もないようです。紡績自体は今でも倉敷の重要な産業の一つで、ジーンズの名産地ですね。繊維の産業はアジアに工場を奪われましたが、日本の急成長を主導した産業でした。蔦に覆われた建物が遺跡のような印象を作り出しています。

Krsk0070

しかし炭素繊維やヒートテックなど高機能な繊維で日本は今でも繊維産業のリーダーであることに間違いありません。

Krsk0068

« 命の花 | トップページ | JFKの娘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイヴィー:

« 命の花 | トップページ | JFKの娘 »

フォト
無料ブログはココログ