« マクドナルドの失速 | トップページ | フィリピンの台風 »

2013年11月15日 (金)

偽物のサイン

Ind0160

考えてみればサインを人から買う心理が不思議ともいえます。ファン心理なので恋愛似た盲目的行動が起こるのでしょうね。

 

個人的な意見ではありますが、サインは本人を目の前にして書いてもらってこそ価値がある「もらった本人専用の」アイテムです。インターネットに限らずお店でさえも、売っている物、もらった物は私だったら信頼できません。サインなんて練習さえすれば誰だって書くことができますよね。私には人からサインを買って何が嬉しいのかよく理解できないのです。よくある生写真販売も同じ、単に写真形式に印刷している(本にさえなっていない)紙に高い値段を払う…なぜそのような購買意欲がわくのでしょうか。

Ind0163

写真にしてもサインにしても、持っていたところで著名人に近づいたことにはなりません。アメリカでもサインボールなどが高額で取引されますので、「魂が宿る」というような日本特有の文化とは言えません。考えようによっては芸術作品に近いのかもしれません。その著名人が「創作したもの」つまりサインを持っている事は美術品を所蔵しているような感覚なのかもしれません。そして美術品や音楽に贋作やコピーがあるのと同じく、サインや写真にも当然贋作があるのでしょう。写真なんてもっとひどい、インターネットに映像が出まわっていて印刷した写真でも区別がつかないのですから。しかも写真なんて無制限に印刷できるし…

Ind0164

今回偽物を買わされた人たちにとって、贋作という事がわからなかったら幸せだったのではないでしょうか。もちろん、更に転売する人がいるでしょうから「価値がない物である事」を明確にすることで被害者の拡散を防ぎました。著名人のサインだったと信じていたものが、単なるおじさんの殴り書きだったわけです。しかし本当に信じていたのでしょうか。目の前で書いてもらったサインは自分にとって明確な価値があります、プライスレスですが。しかし個人的な意見を繰り返さしてもらえば、本物だという証明がほぼ不可能なサインにお金を払うというのは、精神的な満足のためにお金を払っただけと感じています。それで本当に個人は本物だと信じているので満足だったのに「偽物」と証明されたことには悔しい思いだけでしょう。

Ind0159

皆さんもサインを持っていたら本物なのかどうか自信がありますか?

Ind0165

« マクドナルドの失速 | トップページ | フィリピンの台風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マクドナルドの失速 | トップページ | フィリピンの台風 »

フォト
無料ブログはココログ