« 温暖化をビジネスチャンスに | トップページ | 偽物のサイン »

2013年11月14日 (木)

マクドナルドの失速

Ind0171

かつてファストフードと言えばマクドでしたが、今年は影が薄いですね。実際に営業利益が大きく下がっているそうです。

 

影が薄いと言えば「すき屋」もそうですね。安いのですがさすがに飽きてきました。家族で5回程度は行ったのですが、最近家族の中で話題にも上らなくなりました。まだマクドナルドの方が話題になるくらい。我が家では回転ずしと讃岐うどんが中心です。讃岐うどんチェーンは5回以上行きましたしこれからも行くでしょう。やはり日本食の代表格であるうどんは飽きませんね。

Ind0167

さてマクドナルドですが、とにかく味の割に値段が高いという印象が強くあります。かつては味に見魅力が無くてもファミリーレストランに比べて値段が安いので行く機会もありました。しかしファストフードが増えた中、味が良くて値段が安いお店は少なくありません。しかも今では一人当たり500円どころか400円台の外食が少なくなくて、セット料金が500円を超え、味の良い物やボリュームを求めれば700円を超えるマクドナルドはとても厳しい状況にあります。味を良くするために値段を上げる作戦のようですが、ユーザーのニーズをつかんでいるとは言えません。

Ind0169

コーヒー店も増えすぎましたね。おいしいコーヒーは今でも魅力ですが、コーヒーだけで500円を超える料金は、この物価上昇、消費税上昇の局面で「我慢しなければいけないお店」の代表格になりそうですね。我慢が難しいお酒だって安くてアルコールが高いものが好まれています。原材料費が上がろうとも味を落とさず低価格化がユーザーの要望なのでしょうね。1000円バーガーは一時的な収益改善対策にしかならないはずです、続くとは思えません。

Ind0174

これからの社長のかじ取りが楽しみです。

Ind0168

« 温暖化をビジネスチャンスに | トップページ | 偽物のサイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 温暖化をビジネスチャンスに | トップページ | 偽物のサイン »

フォト
無料ブログはココログ