« 通信の高速化は必要? | トップページ | 死亡事故報道について考える »

2013年10月22日 (火)

夢のある仕事

Osk0482

高度成長期経験者は子供の頃に将来の仕事に夢を持つことができました。企業で働くサラリーマンにさえも夢があったのです。次々に新製品が開発され、企業での新製品開発部隊はヒーローでした。科学の進歩が停滞し製品にあふれた現代、革新的な製品作成は困難です。デザインの改良が主流で、それらの仕事も海外に奪われました。「製品開発」という夢が手の平から遠ざかって行ったのです。次に魅力を集めたのがソフトウエアコンテンツですが、それも今は海外に流れつつあります。マルチランゲージ機能のおかげで「開発は英語でその後日本語化」が主流になりインドなどに仕事を奪われています。

Osk0475

かつて公務員は親族が誇れる仕事でしたし学校の先生になりたい子供たちはクラスに何人もいました。退職後の年金も魅力でした(笑)もちろん今でも魅力はありますが、学校教育はストレスの多い職場となり、公共の仕事もコスト削減のために民間委託が進んでいます。公務員の花形である官僚でさえも今は社会に責められることが多く、つらい時代になりました。公務員ではありませんが、かつての花形であった公認会計士さえも受験者が激減しているそうです。

Osk0480

高度成長時代に育った私は販売という職業に魅力がわきません。素晴らしい製品は勝手に売れるという世代で、販売しなければいけない商品なんて魅力に欠けると考えていました。これはもちろん間違えています。製品の魅力を伝えるために広告や販売促進は不可欠です。グローバル化により広告や販売は製品の品質以上に重要となっており、逆に日本製品の過剰品質が叫ばれ始めているのです。製品コストに金をかけすぎて宣伝費に回せないほうがダメ企業と呼ばれる時代です(エンジニアがますます夢を失う話ではあります)。その為「企業は販売で生き残る」という時代であり、販売という仕事の魅力は上昇しているのでしょう。

Osk0484

さらに新しい魅力が生まれてきました。TPPが決裂しなければという前提ですがIT化を進めた大規模農業(もしくは小規模農業の集合体)が新しい大きな魅力になりつつあります。

Osk0474

« 通信の高速化は必要? | トップページ | 死亡事故報道について考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 通信の高速化は必要? | トップページ | 死亡事故報道について考える »

フォト
無料ブログはココログ