« Ctrl+Alt+Deleteは失敗だったのか | トップページ | 夢のある仕事 »

2013年10月21日 (月)

通信の高速化は必要?

Ind0050

UQからWiMAX 2+のサービス提供が始まります。通信速度は一段と早くなりますが利用料金は長い目で見れば上昇します。

 

以前から感じているのですが、これ以上通信速度を上げる意味があるのでしょうか。変化として実感するのは「広告の表示速度が上がった事」位(笑)そのために私たちは値上げされた利用料金を払っているような気がします。インターネットの速度上昇はIEのバージョンアップ、Windows 7以降のOS高速化処理、パソコン自体の性能向上、そしてネットワークの通信速度向上による複合的な効果です。古いパソコンですとネットワークの速度だけが速くなってもパソコンネックのため何も変化しないですし、新しいパソコンの場合、パソコンやIEの性能向上が高速化の主要因であり、ネットワーク速度は実感できるほどの改善ではありません。

Ind0052

もちろん、高度なオンラインゲームや高画質のストリーミングを楽しむときに通信速度は重要かもしれません。しかしそれにはハードウエア、つまりパソコン側の処理速度や画像処理能力も重要となってくるため、超高速の処理ができるタワー型パソコンを持った一部の人だけが必要とする通信速度と言えます。少なくともスマートフォンには必要ありません。一般ユーザーでもクラウド・ディスクを想定したウルトラ・ブックで大量のデータを処理する時には通信速度が効果を示します。ただそんなヘビーユーザーだけが値上げ分を払えばよいのであって、高速通信を必要としない一般ユーザーの利用料金が上がるのは納得できませんね。

Ind0054

年寄りの戯言ですが、技術者は通信量と速度を最小にするソフトウエア技術を探求すべきです。昔の開発者は処理速度もメモリーも十分に備わっていないコンピュータでビット単位での高速化を進めていました。現在はクラウド形式でインストールを必要としない通信とメモリーに頼るアプリケーションが増えています。単価の安いハードディスク容量を必要とせず、一方でコストのかかる通信量が増え、パソコン処理の負荷が膨大になります。つまり安いハードディスクを節約するために膨大な通信と高価なパソコンを利用させようとしているのです。XPなど古いパソコンを使っている人は「システムにお金を払ってくれない」人ですからどんどん使いづらくなります。オンラインゲーム等動かないのでサポートに聞けば「そのパソコンが要求機能を満たしていないので動作保証はできません(買い替えてください)」と言われることが良くあります。ユーザーは課金する前に調べるべきなのでしょうが、パソコンに詳しくない人は課金の前に必要なスペックのチェックなんてできませんよね。課金したのに使えない…これは技術者に問題有りです。

Ind0055

個人的にWiMAX3G程度の通信で十分、その速度を維持しながら接続トラブルを減らし、通信料金を下げていただいた方がありがたいです。

Ind0051

« Ctrl+Alt+Deleteは失敗だったのか | トップページ | 夢のある仕事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ctrl+Alt+Deleteは失敗だったのか | トップページ | 夢のある仕事 »

フォト
無料ブログはココログ