« 世界の紛争について考えてみる | トップページ | 低燃費車のにぎわい »

2013年10月29日 (火)

停電の原因は蛇

Osk0523

驚きました、年間160件を超える停電の原因が蛇だというのです。

 

仕組みは二つ、長い蛇がアース線を短絡し異常な短絡を検知したシステムが送電を停止する場合、もしくは複数の電線を短絡させてしまう場合。どちらも蛇にとってはかなり危険です。ではなぜ蛇は電柱に登るのか、これも理由は簡単です。遠くを見渡したいから…ではなく、電柱の上にある鳥の巣の卵を狙うためだそうです。

Osk0526

さて防止策、簡単ではありません。一番の問題は電柱の数が多すぎるところです。今窓から見渡すだけでも100本くらいは見えます。このすべてに対策をしないと意味がありません。自治体の対策はまちまちですが、蛇が滑る塗装をするとか蛇が嫌うにおいを塗装するなどが主流のようです。どちらも継続効果はあまり高いと思えません。においなど毎年塗りなおさなければいけないかもしれません。しかも可能性として蛇はにおいになれますよね。

Osk0527

蛇の場合、特殊な構造でネズミ返しのような遮蔽版では防止できません。人間も登りにくくなるし…。電柱の本数が多いため、可能な限り低コストにしなければいけません。人件費を忘れてはいけません、一日に10本の電柱に2人の作業員がかかるとします。人件費として1本当たり2000円はかかるでしょう。対策費と合わせて一本当たり3000円としましょう。1000万本はありそうな電柱、全部に対策をするとなれば300億円もかかるのです…蛇のために。

Osk0521

それでなくても原発問題で大変な電力会社、大きな負担ですね。

Osk0528

« 世界の紛争について考えてみる | トップページ | 低燃費車のにぎわい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 停電の原因は蛇:

« 世界の紛争について考えてみる | トップページ | 低燃費車のにぎわい »

フォト
無料ブログはココログ