« 消えるタワー | トップページ | 通信の高速化は必要? »

2013年10月20日 (日)

Ctrl+Alt+Deleteは失敗だったのか

Osk0470

Microsoftのビル・ゲイツ氏がインタビューでCtrl+Alt+Deleteは失敗だったと語っています。本当でしょうか。

 

個人的には同感、大失敗です(笑)何が失敗かといえば片手で操作できない点です。がんばれば右手一本でどうにか操作はできますが、指がつりそうになります(笑)家で何かを食べながら操作するとき、この両手がないと難しいCtrl+Alt+Deleteは迷惑です。

Osk0464

Ctrl+Alt+Deleteはいつ押すのか、家庭用のパソコンではほとんど押す機会がありません。しかしセキュリティの堅牢性が叫ばれる昨今、会社のパソコンは10分触っていなければロックされ、パスワードか会社のカードがなければ操作できません。この時にCtrl+Alt+Deleteを押すよう求められるのです。面倒この上なし。

Osk0468

他にもいくつか問題はありますが、これは個人的な事。たとえば数字の6および7の位置。指が短くてキーボードから一瞬手を離さないと届きづらい。他にもWindowsマークキー+TabAltPrint Screenが比較的よく使う割には押しづらいのです。特にWindowsマークキーは使う頻度が少なすぎてBlind Touchの私でもキーボードを見なければ場所が今ひとつわかりません。Ctrl, Function, Windows, Altキーは並んでいますからね。

Osk0466

今からでも遅くないので改善を期待したい機能です。

Osk0471

« 消えるタワー | トップページ | 通信の高速化は必要? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 消えるタワー | トップページ | 通信の高速化は必要? »

フォト
無料ブログはココログ