« マダニに注意 | トップページ | 不思議な生物 »

2013年9月12日 (木)

宮崎氏の引退

Osk0202

 

ジブリの宮崎氏の引退報道に日本国内で驚いた人は多くないと考えています。毎回映画を作り終えると「これが最後」と言う口癖のある宮崎氏でしたからね。5回目の引退宣言と言う話もあります。映画館での公開が終わるころになると毎回のように引退の話題が出てきて、集客がぶり返すというパターンです。上手な商売?でも私も気になっていて「本当に最後なら」映画館で見ておこうかと考えている今日この頃。

 

「風立ちぬ」の韓国での非難やたばこシーンの問題は宮崎さんの存在の大きさを示しただけでした。「たかだか一つのアニメ映画」であればこんな話題にはなりません。半分フィクションのアニメ映画が社会問題になるのですから彼の作品が単なるアニメの一作品とは言えない事が良くわかります。日本を代表する作品、日本人の心象を表した作品とさえ言われています。そうなることがわかっていただけに宮崎さんの肩は凝ったことでしょう。彼は一映画クリエーターであり、政治家でも学者でもないのですから。

Osk0197

宮崎さんの作品はアルプスの少女ハイジ、未来少年コナン、ルパンⅢ世などのテレビ作品でファンの間では話題でしたが無名だったと言えます。映画、カリオストロの城で爆発しましたね。その後、アニメージュで「風の谷のナウシカ」が連載され始めたときにはアニメファン以外でも宮崎氏の名前を知るところとなりました。ナウシカのスローハンドぶりは読者を悩ませましたがしっかり完結しましたし、映画とは全く違う結末で面白かったですね。

Osk0210

宮崎さんの「私のピークはずっと昔に過ぎている」という発言には同感です。彼の言うピークは自由にアニメーションを書くことができて、それを誰もが単純に楽しんでくれた時代だったのではないでしょうか。ラピュタ、トトロなどは本当に彼が自由にアニメを書くことができた時代と感じています。転機は「もののけ姫」の爆発的なヒットだったように感じています。彼のアニメーターとしての自由はここで奪われたような気がします。

Osk0208

はたして宮崎さんは紅の豚ともののけ姫のどちらが好きなのか、機会があればぜひ聞いてみたい質問です。なお引退は表明しましたが、いつものごとく4~5年後の次回作にも期待しています(笑)もう誰も信じないですよ、引退。

Osk0216

« マダニに注意 | トップページ | 不思議な生物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マダニに注意 | トップページ | 不思議な生物 »

フォト
無料ブログはココログ