« 幸せな国、49位 | トップページ | オリンピックの経済効果をざっくり考える »

2013年9月23日 (月)

太陽系脱出

Kyo0588

NASAは「磁場」を気にしていたようです。磁場と重力場の違いを書きはじめますと長くなりますのでやめておきますが、その太陽の磁場が十分に薄まったエリアに到達したという事だそうです。36年かかりました。しかし重力場と言う意味では例えば彗星が太陽系の重力にとらえられ周回を回っています。彗星が再び衛星が太陽の近くに戻ってくるという事は太陽の重力場が衛星の最遠部まで働いているからです。ボイジャーがこの重力場を超えるにはなんとあと4万年かかるとか…

Kyo0592

宇宙は広い、宇宙の時間は人間の人生に比べたら圧倒的に長いと驚かされます。なんだか地球温暖化のような宇宙から見れば無視できるほどの細かな一瞬の変化を議論するのが嫌になってくるような存在です。今、アメリカにボイジャーを飛ばすことができる国力はないのかもしれません。そういう意味でもボイジャーの存在は偉大ですし、太陽系の磁場を脱出できたことには驚きです。数億年後、どこかの星の生物にボイジャーが発見されるといいですね。

Kyo0590

数億年もあればたぶん他の星にぶつかって消えてしまうのでしょうけれども、そのほうが良いのかもしれません。

Kyo0597

« 幸せな国、49位 | トップページ | オリンピックの経済効果をざっくり考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せな国、49位 | トップページ | オリンピックの経済効果をざっくり考える »

フォト
無料ブログはココログ