« 不思議な生物 | トップページ | 自動運転は可能なのか »

2013年9月14日 (土)

アメリカとロシアの関係

Osk0236

冷戦の時代から比較すれば大幅に改善したアメリカとロシアの関係ですが、日本と中国や韓国の微妙な問題が他の国の人たちにはわかりづらいように、私たち日本人にはわからない複雑な関係が二つの大国の間にはあるはずです。そもそも、日本とアメリカと言う原爆まで投下した敵対国が現在の状態までよくなっている状況は世界から見て不思議なはずですし、私にとっても不思議です。これは日本国憲法と戦前の日本を悪とする戦後教育のおかげでしょう。しかしこれは例外で「戦後に仲が良くなる」という事はあまりなく、不安要素がくすぶり続けます。例外を経験した日本人にとってアメリカとロシアの関係は一段とわかりづらい。

Osk0233

火種はいたるところに残っていたのでしょう。シリアの問題は私たちが感じる以上にアメリカとロシアの関係を悪くしているようです。日本に住んでいるとアメリカが正しいように感じるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。国連の反対を押し切ってアメリカがシリアを攻撃したい理由は何でしょう。何事にも理由があります、「世界平和のため」「シリア国民のため」爆弾を大量投下するというのは意味が分かりません。つまりこれらは口実にすぎません。

Osk0237

実の所、私には理由が全くわかりません。ただ感じるのはアメリカとロシアの関係が悪くなっているのではなく、アメリカがロシアの態度に我慢できなくなった、過去のベトナムや朝鮮戦争のような代理戦争ではないかという事です。イギリスやヨーロッパはわかります、石油輸入のルートですからね。またヨーロッパの一部に近い場所ですから関係も近いでしょう。しかしアメリカとシリアははるかに離れた国です。私が全く分からなくなっているのはイスラエルと言う国の存在です。アメリカとイスラエルの関係は不穏当なほどに密接ですから。

Osk0232

シリアに大きな問題がある事には同感ですが、だからと言って爆弾を落とすのはすでに古い戦争のように感じます。

Osk0240

« 不思議な生物 | トップページ | 自動運転は可能なのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議な生物 | トップページ | 自動運転は可能なのか »

フォト
無料ブログはココログ