« 熱中症にならないために | トップページ | 日本のタブー、世界のタブー »

2013年8月11日 (日)

ジョージは増えるのか

Usj0438

イギリスの将来の王様の名前がジョージになりました。エリザベスやダイアナなどは日本名にしにくいのですが、「じょうじ」は日本でも珍しくない名前です。ただし少々古臭い印象があったので最近の小学校以下では珍しい名前だったのでしょう。しかし今後はどうなるでしょうか。楽しみですね。日本の子供の名前はかなり流行に流されます。「セナ」という名前が流行った時期がありました。今は亡き「アイルトン・セナ」の苗字からもらった名前です。

Usj0439

「サクラ」という名前が流行ったこともあります。いまサクラちゃんは成人となり有名人の中にもよく見かけます。サクラが流行った理由にはいくつかあるのですが、アニメーションの「サクラ大戦」が大きな影響を及ぼしていると言われています。アニメのヒロインの名前を付けるのはどうかと思うのですが、性格が良くて美人で、しかも「強かった」のでアニメながらにあやかった人が多いのでしょう。ただアニメのヒロインだというと恥ずかしいのか別の理由がいくつかつけられたため何故「サクラ」なのかはわかりにくくなっているようです。

Usj0440

男の子に流行ったのは「翔」という漢字でした。私たちの世代にはヤンキーという印象がある名前ですが、これも映画や歌手やアニメに影響を受けているのでしょう。カッコイイ、強いという印象がありました。一方で最近はそのようなイメージが無いと感じています。どちらかと言えば柔らかいイメージ、これは嵐のメンバーから影響を受けているのでしょう。とにかく人の名前の印象は性格を「あやかる」という親心が込められるように感じています。

Usj0444

さてジョージは増えるでしょうか。高貴なイメージはありますよね。でも私にとってはやはり古臭く感じてしまいます。演歌歌手に多い名前のような気がして…(笑)

Usj0435

« 熱中症にならないために | トップページ | 日本のタブー、世界のタブー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱中症にならないために | トップページ | 日本のタブー、世界のタブー »

フォト
無料ブログはココログ