« 石油、石炭、天然ガス | トップページ | なぜ社員は冷蔵庫に入るのか »

2013年8月 7日 (水)

マウスという大発明

Usj0421

マウスの生みの親が亡くなられたそうです。

 

フロッピーディスクは事実上滅亡しました。若い人の中には名前さえ知らない人も多いでしょう。ハードディスクも少しずつクラウドやメモリー型の記憶媒体に置き換わりつつあります。タブレットの登場で、マウスがついていない端末も増えてきました。しかしそれでもマウスはすぐに無くなることは考えられません。

Usj0409

マウスという手のひらにすっぽり収まるポインティング・デバイスは狭い場所でも使えます。しかも端末から離れて操作ができる事からいくらタッチパッドが勢力を伸ばしてもなくなることはないでしょう。そのマウスが私たちの机の上に登場したのはいつの頃だったか、今一つ記憶にありません。確かにホストコンピュータを使っていたころにはありませんでした。

Usj0411

最初にマウスが人々の手に届き始めたのはMacだったかもしれません。そしてMacを追うように(Macの真似と言われていましたが)Windowsが登場してからでしょう。DOS環境でマウスは必要ありませんでした。それまでコンピュータの操作と言えばキーボードだけでした。今でもマニアの方はマウスを使わず、できるだけキーボードから手を離さないショートカットユーザーもいますが、それでもスクロールやポインティングにマウスは便利ですよね。大発明の一つと言えます。

Usj0415

マウスの生みの親が無くなる前までにマウスに勝るポインティング・デバイスはついに登場しませんでした。

Usj0413

« 石油、石炭、天然ガス | トップページ | なぜ社員は冷蔵庫に入るのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石油、石炭、天然ガス | トップページ | なぜ社員は冷蔵庫に入るのか »

フォト
無料ブログはココログ