« 核兵器は絶対悪なのか | トップページ | 限定社員というワークスタイル »

2013年8月15日 (木)

天空の城ラピュタ

Kyo0308

個人的な意見を言えば、スタジオ・ジブリ映画で面白いのはこの天空の城ラピュタとカリオストロの城だけであり、あとはラピュタに続く傑作を求めて見続けているにすぎません。日本のアニメーションを大きく進化させた作品はいくつかありますが、ラピュタはその一つです。その中で子供たちを盛り上げた二つの大きな存在は「飛空石」と呪文の「バルス」です。82日の「バルス祭り」はすごかったですね。それほど印象的なシーンです。

Kyo0315

ラピュタに出てくる天空の城やロボット兵はこの「バルス」という呪文を盛り上げるための単なる布石です。少年少女の初々しい恋物語も盛り込まれ、作中のトランペット曲やエンディングなど楽曲でも特筆できます。それ以上に素晴らしいのは純粋なアニメ作品という点です。プロの声優、映画のために書かれた楽曲。「トトロ」までは純粋なアニメと言えますが、それから後のジブリ作品はアニメのために書かれた楽曲ではなかったり、俳優が声優をやっていたりといつも落胆させられます。「千と千尋の神隠し」は少し原点回帰でよかったのですが。

Kyo0312

宮崎アニメは異次元を描きます。ナウシカもそうでしたが、比較的わかりやすいストーリー展開が魅力でした。ハウルの動く城は行き過ぎだったように感じますし、もののけ姫やトトロは化け物を扱っているものの舞台は日本でした。ラピュタの特筆すべき点は全般として明るく爽快なストーリー展開です。「千と千尋の神隠し」はラピュタ以来の傑作かもしれませんが少々暗すぎる。子供向けではありましたがポニョの方がストーリー展開はよかったかな?

Kyo0316

「風立ちぬ」は実在の人物を扱います。評価はどうでしょうか。私はDVD待ちです。

Kyo0318

« 核兵器は絶対悪なのか | トップページ | 限定社員というワークスタイル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 核兵器は絶対悪なのか | トップページ | 限定社員というワークスタイル »

フォト
無料ブログはココログ