« 日本のタブー、世界のタブー | トップページ | 核兵器は絶対悪なのか »

2013年8月13日 (火)

誤報

Kyo0300

地震予知のアラームが鳴り響いた時、私はJRの駅にいました。震源と呼ばれる和歌山北部(もしくは奈良)に近い場所にいたのですが大地は微動だにしません。家にも電話をかけてみましたが全く揺れていないとか。すぐに誤報ではないかと疑ったのですが、JRの電車はぴたりと止まり、30分間の遅延でした。新幹線も止まったようですね、なにせ震度7の予報でしたから。実際には震度1程度だったみたいですが。

Kyo0305

私の場合、飲み会に向かう途中だっただけなので大きな問題はありませんでしたが、打ち合わせに遅れビジネスチャンスを逃した人もいたかもしれません。少なくとも日本全体で言えば経済的な打撃はあったでしょう。しかしそれ以上に打撃は地震予知の信頼性が大きく失われたことです。淡路島の地震の時も地震が来た後にアラームが鳴ってうるさいだけだった地震予知、膨大なコストを出して本当に役に立つシステムなのでしょうか。

Kyo0299

地震の予知は人が介在するわけにはいきません。地震が発生してから1秒以内に情報を流さなければ意味がありません。しかし実際は膨大な数のメールを送るわけですからサーバーが追い付かず地震の方が先に到着してしまいます。また今回も感じたのですが、アラートの音があまり危機感をあおらないので「近くのサイレンの故障?」と感じてしまいました。アラートが鳴るのは2回目でしたが、前回同様何の音かわかりませんでした。まあアラートの音を思い出すという点は意味があったかもしれませんね。

Kyo0302

もうたっぷりと投資してしまった地震予知システム。今回の事象も踏まえてもっと精度が上がるよう調整してほしいですね。まあ本当の地震1回に対して誤報は3回以内に抑えてほしいです。

Kyo0306

« 日本のタブー、世界のタブー | トップページ | 核兵器は絶対悪なのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤報:

« 日本のタブー、世界のタブー | トップページ | 核兵器は絶対悪なのか »

フォト
無料ブログはココログ