« 海水浴に行かなくなった | トップページ | 映画での喫煙映像 »

2013年8月28日 (水)

桜島の噴火

Kyo0401

桜島が記録史上最大の噴火をおこしました。ただ歴史上最大ではなく、大正時代の大噴火などに比べれば規模は大きくありません。今は小康状態のようですが今後の噴火活動には注意が必要です。火山にはいろんなタイプがありますが、桜島の問題はマグマや火山弾よりも噴煙で、火山灰が鹿児島市の生活に与える影響は尋常ではありません。火山灰の形状は球状に近い砂埃と違い、摩耗していないため角があり、眼には刺激があるうえ、肺に入れば健康被害も心配です。肺への影響はマスクで防止できても目は難しいですね。ゴーグルを付けて歩く覚悟があれば少しはましですが。

Kyo0406

それよりも大変なのは映像を見る限り車の運転です。視界不良にも程度がありますね。濃霧に近い状況です。火山灰でスリップしやすい状況でしょうから運転には細心の注意が必要そうですね。一方で火山灰がどこまで来るかと言えば、今回の噴煙は5000m程度とのことなので、大阪程度であればほとんど影響なさそうです。ただぜんそくがある人などは注意が必要ですね、中国から来るPM2.5よりははるかに多い埃の量だろうと予想出来ます。

Kyo0409

火山灰の懸念は気候の変化(寒冷化)や飛行機への影響でしょう。ただ今回は5000m程度という事で成層圏に届いておらず影響はなさそうです。もちろん噴火が続けば九州近辺は注意が必要ですが、それ以外の所では心配するほどではないと考えています。ジェット機は5000m以上の高度を飛びますしね。気候変動が発生するのは10000mを超える噴煙と言われています。それだけに今後の噴火が心配です。

Kyo0413

しかし今回の大規模噴火までに桜島は年初から500回も噴火していたそうですね。元気いっぱいの活火山ですね。鹿児島の人は「いつもよりちょっと元気」とあまり気にもしていないという話も…

Kyo0417_2

« 海水浴に行かなくなった | トップページ | 映画での喫煙映像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 海水浴に行かなくなった | トップページ | 映画での喫煙映像 »

フォト
無料ブログはココログ