« 2013参院選 争点 1 | トップページ | インターネット時代の情報管理 »

2013年7月22日 (月)

池上さんの選挙解説

Usj0336

2013年参議院選挙速報。出口調査のおかげで一瞬にして大勢がわかってしまう上、すべての局が同じ選挙結果解説をしているのですから視聴率に差をつけるには番組の魅力だけが勝負の鍵です。そんな中、テレビ東京というローカルに近いテレビ局が資料率で大勝利を収めたのは池上さんの力のみです。いったいなぜそんなに大差がついたのでしょうか。実際に見ていてすごく面白い番組でした。

Usj0339

投票率は歴史的に低く、まるで誰も選挙に興味を持っていないように感じます。しかしそれは間違えで、興味はあるもののどこに入れてよいかわからない、どこにも入れたくないという棄権票が多かっただけです。興味はあったのです。しかし今の政治はわかりにくい、最近のテレビ討論などは政治家が口論に近い形で議論をするだけで何が言いたいのか全く分かりません。一つの例がTVタックルですがその他の番組もほぼ同じです。

Usj0333

池上さんは一つずつ政党に問いかけていき、視聴者が驚くような質問はするもののしっかりと意見を聞きます。私たち視聴者が気になるのは選挙結果がすぐに分かった以上、自分の投票に間違いはなかったか、次はどこに投票するのかを考える機会です。池上さんの番組が作った候補者のプロフィールやインタビューは実にわかりやすかった。自民党が嫌いな私ですが、小泉さんのインタビューには「選挙のプロとして」素晴らしいと感じました、池上さんの言葉を使えば本当に「あざとい」。でも政治家として何がしたいのかわかりませんでした(笑)医師、弁護士、MBAを持っていて「創価学会が嫌い」と断言する自民党候補者に対して「政治界、医師、弁護士、MBA…それであなたは何がしたいのですか?」という質問には目が覚めるようでしたが、候補者は「医者が軸足」と答えており面白かった。アントニオ猪木さんのインタビューも爆笑でしたね。

Usj0340

バラエティー要素たっぷりにも言えますが、今の政治の問題がとてもわかりやすくまとめられていたようにも感じます。次回も池上解説に期待してます。

Usj0343

« 2013参院選 争点 1 | トップページ | インターネット時代の情報管理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013参院選 争点 1 | トップページ | インターネット時代の情報管理 »

フォト
無料ブログはココログ