« 中国と韓国の製品が買いづらい | トップページ | さよならLotus 1-2-3 »

2013年7月31日 (水)

インフレは本当に善なのか

Kyo0238

そんなわけがないですよね(笑)

 

私が記憶に残っているインフレはオイルショックです。幼少期でしたが駄菓子の値段が驚くほどに上昇し、一日20円の小遣いでは何も買えなくなりました。それまでは20円でせんべいが20枚買えていたし、3連のチロルチョコが2つ買えました(記憶に間違いがなければ)。ホームランバーも買えました。それらの値段が一気に上昇したのですから、子供心に「インフレは悪」という印象が付きました。

Kyo0236

「インフレになったら給料が増え生活が豊かになる」というアベノミクスの根拠がわかりません。インフレになれば支出が増えます。それ以上に給料が上がらなければ生活は苦しくなります。消費者物価は10%くらい簡単に上がります。100円のパンが110円になれば10%上昇なのですから。でも給料が10%も増えますか?少々景気が良くなっても給料が10%も上がるなんて夢のような話、昇格しなければ10年たっても上がるかどうか…。

Kyo0240

その上消費税は今後5%上昇します。その上所得税が下がるわけではありません。厚生年金がじわじわと上昇し、健康保険も上昇しています。これらは物価に反映されていないのです。デフレの世の中ですが実は支出が増え続けているのです。正確に言えばサラリーマン家庭ですと手取りが減っているのです。政府は私たちが給料をもらう前の私たちの給料からお金を分捕り、じゃぶじゃぶと使っているのです。もちろんすべてが無駄遣いとはいいませんが。

Kyo0239

問題はインフレの計算方法にあります。税率や厚生年金など私たちの額面給与から引かれる金額を含めたインフレ率を計算してほしいのです。デフレの時代と言っていますが実はバブル以降も実質的な家計インフレは続いているのです。デフレなのは給料天引きによる実質的なインフレのバランスとして物価を下げないと生活が成り立たなくなってきているからです。税金を減らせばインフレになっても問題ないのですが、現状維持、もしくは増税環境でのインフレは大問題です。みんなが借金をすることになりますよ。

Kyo0241

« 中国と韓国の製品が買いづらい | トップページ | さよならLotus 1-2-3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国と韓国の製品が買いづらい | トップページ | さよならLotus 1-2-3 »

フォト
無料ブログはココログ