« 選挙演説は静かにしてほしいのだけれども… | トップページ | テレビ業界の古い体質 »

2013年7月15日 (月)

偏西風はなぜ蛇行するのか

Kyo0171

まずなぜ偏西風が吹いているのかという話になります。まず地球を立体的に考えないといけません。赤道での上昇気流、北極での下降気流の影響など、地球には上下南北に回る空気の流れがいくつかあるそうです。その南北渦の境目を西に向かって流れる一つの気流が偏西風です。つまり偏西風の通路は南北渦が作っており、偏西風の蛇行は赤道側の南北渦に勢いがあれば北によることになります。北極側の渦が弱まっても北によります。これ以上の科学的な説明はインターネット検索や雑誌ニュートンに任せるとしましょう(笑)

Kyo0162

海洋の温暖化という表現がこの場合は適切でしょう。海の温度が上がれば水蒸気の発生量が変わります。赤道付近の南北渦は強力になり、偏西風は太平洋で北に蛇行しやすいのです。ただ偏西風の蛇行は結果であって、原因は赤道側の渦が勢力をまし、北極側の渦が弱くなっているのです。北極は海が冷たいほど空気を冷やし下降流を生みます。北極の氷が減れば北極回りの気流の流れは弱くなるのです。

Kyo0165

結果として赤道付近で低気圧として上昇した高温多湿の気流が台風を増やし、その後乾燥した高温空気が高気圧となって本来は太平洋に降りてくるはずの乾燥した下降流が日本やアメリカ西部に降りてきます。夏場の異常な高温や梅雨前線の北上=早い梅雨明けなどはこの偏西風の蛇行を指標として納得がいくのです(繰り返しになりますが偏西風の蛇行は結果であり指標であって、異常気象の原因ではありません)。

Kyo0169

CO2による温暖化が話題になっていますが私は間違えていると感じています。温暖化は進んでいますがCO2が主因ではない、「海の黒体化」が主因であると考えています。海の色が濃くなることで海水温が上がります。その原因は海洋汚染です。CO2対策を無駄とは言いませんが、どれだけCO2対策をしても温暖化は止まりません。海をきれいにする事、これはとてつもなく難しい話であり全世界の人たちの協力が必要です。

Kyo0174

« 選挙演説は静かにしてほしいのだけれども… | トップページ | テレビ業界の古い体質 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 選挙演説は静かにしてほしいのだけれども… | トップページ | テレビ業界の古い体質 »

フォト
無料ブログはココログ