« アシアナ航空の事故 | トップページ | 2013参院選 争点 1 »

2013年7月20日 (土)

2013参院選 争点 2

Kyo0190

憲法でもない、経済でもない、それでは「私個人にとっての」争点は何でしょうか。

 

私は戦後の生まれ、広島県の出身者です。私の周りに原爆の被害者はたくさんいました。日本の原発が平和利用であることはわかっています、そこに疑問はありません。しかし安全を無視した原発の建築が行われてきたことは東北の事故でよく理解できました。安全な運転が担保されていない「現時点での」原発の再利用には反対です。そこが私の今回の争点です。ただ気になるのは個人的には恒久的に反対というわけではありません。絶対否定という立場もあまり好きではありません。じゃあ具体的にどのようにすれば原発の安全を改善できるのか、その方法がわからないだけに、どちらかといえば原発に反対している組織を選ぶしかありません。

Kyo0189

次に個人の問題。高校の社会の先生が共産系でした。授業は共産系に偏ったものでした。残念ながらそのころ私は反抗期だったもので、共産系、社会主義は生理的に受け付けません。冷戦の時代もありましたからね。また戦後の生まれですから国粋主義も好きではありません。うわべだけの人気の実力を持たないカリスマ主義も嫌いです(笑)ここまで書くとどこに投票するかわかってしまいますね。

Kyo0194_2

もう一つ個人的に気になるのは所得格差です。特に若年層と年金をもらっている高齢者のインバランスは気になります。年金の大胆な改革に期待したのですがどこの政党もそんなことは言ってくれません。たとえば貯蓄に合わせて年金の金額は変動させればいいのです。貯金を減らすためにお金を使う高齢者が増えれば経済にとってもいいことです。株に資金が回るかもしれません。振り込め詐欺も減るかも。ある程度貯金が減れば年金がもらえるので生活の心配もない。

Kyo0197

呪文のように「年金は大丈夫」といっている政府を見ていると原発は1000年を超えて永遠に安全といっておいて利用開始後わずか50年程度で大事故を起こした電力会社の根拠のない呪文と同じように聞こえます。

Kyo0195

« アシアナ航空の事故 | トップページ | 2013参院選 争点 1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アシアナ航空の事故 | トップページ | 2013参院選 争点 1 »

フォト
無料ブログはココログ