« クラゲの夏がやってきた | トップページ | 石油価格 »

2013年6月11日 (火)

二酸化炭素が不足してきた

Oki0202

地球温暖化という二酸化炭素を抑制しなければいけないという時代に「二酸化炭素が不足」というニュースには困惑しました。

 

二酸化炭素は炭酸飲料やドライアイスの原料です。家庭では保冷材のおかげで見かける事が少なくなったドライアイスですが、保冷材では水分がついたり温度が高すぎたりと工業用には役不足です。どんなところでも安価に冷蔵庫が作れるドライなアイスは夏に不可欠です。

Oki0204

工場から大量の二酸化炭素が出ていると思われがちですが、工場の排気ガスの大部分は当然のことながら窒素です。ここから二酸化炭素だけを抜き出すにはコストがかかります。また大気中にはPPMのオーダーしか二酸化炭素はありませんから工業用には使えません。純粋な二酸化炭素は水素やアンモニアを製造するときに生産されます。その100%濃度に近い二酸化炭素ガスをLNGが液体から気体になるときの冷熱でドライアイスにします。

Oki0205

つまり純粋な炭酸ガスとLNG=都市ガスの供給設備があるところだけでドライアイスが作れるのです。しかし今、日本から製油所や工場が減ってきています。LNGは大量にありますが、問題は二酸化炭素です。水素は原油から硫黄を取り除くために使われるのですが、製油所が稼働率を落としたり閉鎖したりしているので原料となる二酸化炭素が出てこなくなってきているのです。もちろん海外には製油所が増えているのですが、二酸化炭素を輸入するって不思議な気分になります。

Oki0208

しかし事実、炭酸ガス(二酸化炭素)の供給不足は深刻で改善される見込みもないようです。複雑な問題ですね。

Oki0209

« クラゲの夏がやってきた | トップページ | 石油価格 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クラゲの夏がやってきた | トップページ | 石油価格 »

フォト
無料ブログはココログ