« 「府」という漢字の意味 | トップページ | 勤続年数ランキング »

2013年6月24日 (月)

交通安全対策

Usj0202

京都の事故を防止するため最高速度が落とされた生活道路。全く効果を示しませんでした。

 

そこで道幅を狭くし、ギャップをつけるという実験が行われるそうです。実験ではなくて即本番でいいと考えます。なぜ実験の後で撤去しなければいけないのかわかりません。コストがかかり安全を損ないますからね。なぜ実験が必要ないかと言えば大阪では道幅を狭くする対策やギャップを付ける対策はよく見かけます。効果としては明らかに通行量が減りました。もちろんスピードも落ちたと考えていますが、スピードガンなど持っていないので前後比較が難しいですね。車で通行する事もありますが時速20㎞程度であれば何の問題もありません。

Usj0203

車の数が変わるわけではないので、車はどこへ行くのか。京都の場合は本線の渋滞が悪化するのでしょう。一方この脇道も渋滞するでしょう。当然通勤時間は増えます。しかし安全のためであれば通勤時間が延びるのは問題ないと考えます。車通勤をやめる人もいるでしょうし、長い目では解消に向かうのではないでしょうか。家を早く出ればいい事です。私も毎日30分程度は渋滞の中ですが慣れました。ただ確かに1時間を超えると厳しいので、バイパスや高速道路が必要になるのかもしれません。田舎に意味のない高速道路を作る事には反対ですが、このような状況の緩和のためならバイパスや高速道路の建築は有意義です。

Usj0205

そもそも京都と神戸の渋滞はひどすぎます。もう少し高速道路やバイパスを増やしてもらえると助かります。あ、脱線している…。話を戻して「ギャップって何?」という方もいらっしゃるでしょう。道を所々で10cmほど高くします。このギャップを高速で走れば車の下を擦りますし、それ以上に恐怖があります。大体時速1020㎞位まで落とさなければ通れません。ヨーロッパやアジアでは各地で見かけます。私が勤めている会社の中でも危険な場所にはギャップが設置してあります。また大阪でも主に生活道路でギャップを見かけます。最初は迷惑にさえ感じますが、慣れると大した問題ではありません。

Usj0207

京都は狭い道が多いのですが飛ばしている車(タクシー)が多いので、ギャップの大量導入を期待します。

Usj0211

« 「府」という漢字の意味 | トップページ | 勤続年数ランキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「府」という漢字の意味 | トップページ | 勤続年数ランキング »

フォト
無料ブログはココログ