« ノー残業ディ | トップページ | 国民消費のシフト »

2013年6月 5日 (水)

エネルギーを考える

Oki0165

「もんじゅ」がずさんな管理で利用禁止となりました。国策として2兆円もかけた発電所での情けない問題です。核燃料サイクルは核兵器の材料となる核廃棄物を減らすことができる夢の技術です。核兵器を作らない、核廃棄物の最終処分場が決まっていない日本にとって「もんじゅ」の技術は欠かすことができません。福島の事故に加え「もんじゅ」が使えないとなると、長期的に見ても日本では原子力発電所が使えない事になります。最近、北朝鮮が以前(もしくは今も)日本の原発でテロを起こそうとしていたそうです。ターゲットになっていた場所を考えると関西は怖いですね。日本は原子力利用の見直しを迫られています。

Oki0168

一方でよいニュースもあります。メタンガスという温暖化への負荷が小さいエネルギーを大量に使えるようになってきました。シェールガスにメタン・ハイドレイト、10年後を考えれば十分に実用可能なエネルギーです。10年ってすぐですよ。埋蔵量は今後も増えるでしょうから100年分以上のエネルギーがあれば、核燃料サイクルが無い場合の核燃料の埋蔵量より多くなります。一方で風力や太陽光発電は難しさが見えてきました。発電量が小さく、太陽光パネルや風車のために森林伐採を進めるのであれば本末転倒です。海を埋め立てればよいという話になりますが、海を埋め立てるには土が必要で、それには山を削らないといけません。

Oki0173

電気自動車も今のところは失敗に終わりそうです。原子力が無くなった場合、電気はクリーンエネルギーと言いづらくなります。やはりハイブリッドが中心になると考えます。水素ガス自動車を考えているくらいですからメタンガス自動車という手もありますね。ハイブリッドとの組み合わせもあります。ただその場合、メタンガスを大量に運んでこられるようにパイプラインがほしいですね。もしくは本気でメタン・ハイドレイトからのメタン国産化が欠かせません。

Oki0175

日本がエネルギー輸入をしなくてよい国になるのは夢のようですが、無理ではないような気がしています。

Oki0178

« ノー残業ディ | トップページ | 国民消費のシフト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノー残業ディ | トップページ | 国民消費のシフト »

フォト
無料ブログはココログ