« 宇宙旅行 夢と現実 | トップページ | 無駄遣いとはなんだろう その1 »

2013年5月 3日 (金)

ベゴニア

Nab0011

昭和世代の人であれば、軒先にベゴニアという花をよく見かけたはずです。小さな花で、あまりきれいという印象がありません。私の母も育てていました。平成になってこの昔のベゴニアはあまり見かけなくなったような気がします。その昭和のベゴニアをイメージしていると全く違う種類の花に驚きます。花のサイズが人のコブシや子供の頭ほどもある鉢植えや頭上にぶら下がる巨大なベゴニア、なぜこれらすべてをベゴニアという名前で呼ぶのか不思議です。

Nab0010

植物の品種改良は驚くほどの勢いで進んでおり、いつも少し怖くなります。「ソメイヨシノ」という特殊な桜は日本を蹂躙しました。今、花粉の出ないスギが花粉症対策で誕生しつつあります。バラやチューリップの品種改良は盛んで、植物園の人気者です。それでも、ベゴニアの変化に比べれば大した問題ではないような気がしてきます。

Nab0014

植物の品種改良は基本的に人工的な交配か突然変異を狙うものです。自然でもいつかは起きる可能性がある変化ですが、優性とは言えない種を人間の判断で選択し優性としてしまいます。例えばソメイヨシノやコメの品種改良が良い例です。遺伝子操作や放射線を当てた強制的な突然変異を狙うところも出てきたみたいですし、最近の犬や猫の虐待が心配されそうな過熱した品種改良競争を見ていますと不安になります。(「そんなことを言うのであれば牛肉を食べるな」とか怒られそうな話ですが。)

Nab0019

ベゴニアは植物ですので動物のようにかわいそうと思う事はないのですが、植物に感情があるのであれば喜んでいるのか悲しんでいるのかどちらでしょうか。

Nab0020

« 宇宙旅行 夢と現実 | トップページ | 無駄遣いとはなんだろう その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪

ベゴニアがこんなことになっているとは
知りませんでした。
行き過ぎた品種改良、植物はただ黙って受け容れて、
ただ黙って咲くだけなのですね…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙旅行 夢と現実 | トップページ | 無駄遣いとはなんだろう その1 »

フォト
無料ブログはココログ