« スペインの失業率はなんと27% | トップページ | ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その2 »

2013年5月11日 (土)

ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その1

Nab0067

ハルキストに教えてもらいたいのは、井戸の底に潜ってバットを握りしめたことがあるかどうか。

 

過去の日記の繰り返しになるのですが、エンジニアの方々は覚悟をして読んでもらいたい作者です。多くの謎に解は与えられません。ヒントさえ与えられていないように感じるのです。それでもハルキストの方たちは多くの明快な回答が用意されていると感じるのでしょうか。

Nab0070

決して批判はしていないのです、村上さんの本が「すごい」という点ではうなるしかありません。たくさん作家の本が涙を誘ったり笑顔を引き出したり、背筋に寒気を覚えさしたり、気持ち悪いという感覚を与えてくれることはあります。しかし村上さんの本ほど複雑で不安になる「特殊な感覚」を与えてくれる本はありません。その特殊な感覚が村上さんの本を読む意味なのでしょう。

Nab0074

本を読み終えた後には苦しいほどの疲労感があります。3冊に及ぶ大作を2日半という私にとっては驚異的なスピードで読み切ったからかもしれませんが、それだけではないのです。スポーツの後の疲労感とは違い、ちょっとBlogでは書けない表現を使わないと説明できない疲労感なのです。逃避しますが「まあ読んでもらえればわかります。」

Nab0073

いろんなことを覚悟して読んでいただきたい、そして読むだけの価値は高いと感じます。ただこの本に感化されてあなたの生活を変える事はお勧めしません。

Nab0077

« スペインの失業率はなんと27% | トップページ | ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スペインの失業率はなんと27% | トップページ | ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その2 »

フォト
無料ブログはココログ