« 本当に景気が良くなるには | トップページ | 銃規制の難しさ »

2013年5月25日 (土)

アメリカの竜巻

Oki0086

日本でも竜巻が発生し、被害が報告されることはあります。そもそも竜巻は中緯度を中心にどこでも発生する気象現象のようです。しかしアメリカではとにかく巨大化し、アメリカ特有の気象とさえも感じられているほどです。そのアメリカで巨大な竜巻が発生し、多くの被害者を出しました。怖いですね。もちろん日本の台風やアメリカ南部を襲うハリケーンは過去に1000人を超える死者を出したものがありますからそれに比べれば被害は小さいと言えますが、局所的に被害を出す、予測できないという面では怖いですね。

Oki0081

私は気象現象を何でも温暖化のせいにする「報道ステーション的」考え方には反対です。ただ影響を否定できないのも事実です。温暖化はその名称から気温上昇と考えられがちですが、それよりも大気エネルギーの増加と考えるべきです。地球にはかつて温暖化していた時代が何度もあります。有名なのは恐竜時代です。二酸化炭素は今の4倍以上、気温は現在より5℃から10℃高くなっています。大陸は一つで、パンゲアと呼ばれていました。この時、種は絶滅したでしょうか。逆ですね、動物も植物も巨大化し、今よりもはるかに生命力にあふれた地球でした。温暖化による台風や竜巻で生物が絶滅したわけではありません。

Oki0078

竜巻の発生原因はわかってきていますが、アメリカだけで巨大になる理由まではわかっていないようです。地形の影響と言いたいところですが、アメリカの広い地域で発生しますから必ずしも地形とは言えませんね。そうすると気候でしょうか。ミシシッピ川がある豊かな地域、台地は平坦で内陸性の気候。アメリカの竜巻が比較的人の住む地域に近いところで発生しやすい(人がいないところでは見つからないだけかも)のは人が住みやすい地形と気候で発生するのかもしれません。

Oki0092

台風異常に予測が難しい竜巻。日本でもしょっちゅう竜巻注意報を聞くようになりましたが一度も見かけたことはありません。今後の予測技術の発展に期待ですね。

Oki0057

« 本当に景気が良くなるには | トップページ | 銃規制の難しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当に景気が良くなるには | トップページ | 銃規制の難しさ »

フォト
無料ブログはココログ