« 紀元前1000年の昔から | トップページ | 円はどこまで安くなるのか »

2013年5月14日 (火)

本所深川ふしぎ草紙「宮部みゆき」

Nab0086

とても面白い本なのですが、この本の前に読んだのが「ねじまき鳥クロニクル」という極端に歪曲した物語だったことは失敗でした。宮部さんは短編より長編が優れた作家です。短編は時間つぶし的に読めるようやさしさに包まれたほんわかした物語です。ねじまき鳥の世界から抜き出せていない私には、そこがどうしても物足りない。

Nab0088

宮部さんの作品は妖怪や超自然現象を扱ったものも多いのですが、この短編集は時代劇でありながら本道の推理小説です。爽快で面白い短編の集まりでした。誰もが読みやすく楽しい一日を過ごせるような話なのです。私も会社の昼休みに読むような場合であればきっと楽しめたと思います。腰を据えて読む本ではありません。

Nab0089

深川の七不思議をサブテーマにした七つの短編集。主人公はちょっと不幸な女の子たちでほんわかとした結果を迎えます。シンデレラ・ストーリーのようなハッピーエンドではありませんが、全編を通して活躍する名わき役の「岡っ引きの茂吉」がついているので彼女たちは大丈夫というエンディングを迎えます。結論がすっきりとしているので誰が読んでも楽しめる本です。

Nab0091

本当にねじまき鳥クロニクルの次に読んだことだけを後悔しています。

Nab0092

« 紀元前1000年の昔から | トップページ | 円はどこまで安くなるのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀元前1000年の昔から | トップページ | 円はどこまで安くなるのか »

フォト
無料ブログはココログ