« 季節の花 | トップページ | ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その1 »

2013年5月10日 (金)

スペインの失業率はなんと27%

Tok0381

 

25歳以下は57%!驚きの失業率ですね。

日本でも失業率は高く、若年層にしわ寄せが行くのは同じです。景気回復がこのまま続けば日本は数年で若年層就職率が回復する可能性はあります。しかし一方でユニクロが世界統一賃金を発表しました。言葉の裏には「もう日本人従業員は必要ない」と言っているようなものです。入社3年の離職率が50%をこえるというのもおどろきですが、ユニクロの方針が少し理解できたような気がします。ユニクロが特殊なのか他の企業も追従するのか、結果によっては日本の失業率にも影響しそうです。

Tok0371

しかしスペインの問題は深刻、失業率27%というのは4人に一人が失業状態、国家経済は成り立つのでしょうか。EUという枠組みにあれば労働力は国を超えて移動できるのでスペイン以外でも働けそうですが、言葉の問題、EU全体の経済力低下などで思うようにはいかないのでしょうね。単なる失業率の話ではなく、EUの経済不安が再燃する恐れさえあるニュースのようにも感じますし、日本経済や為替レートへの影響も心配です。

Tok0376

更に若年層の57%という数字は壊滅的です。雇用を今の倍にしてもまだ仕事が足らない事を意味しています。若年層ですから親の経済力に頼れますが、独立心の低下や技術習得の遅れなど懸念があります。若い人こそ言語の問題など気にせずに国外に出てはどうかと考えるのですが、それには個人の経済力が必要ですよね。スペインの産業と聞かれると正直思いつきません。ギリシャと同じく主要産業は「観光業」程度でしょうか。

Tok0363

日本人から見れば「シエスタのせいだ、もっと働けばいいんだ」なんて感じてしまいますが、そんな簡単な話ではないのでしょうね(笑)

Tok0384

« 季節の花 | トップページ | ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節の花 | トップページ | ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その1 »

フォト
無料ブログはココログ