« ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その2 | トップページ | 本所深川ふしぎ草紙「宮部みゆき」 »

2013年5月13日 (月)

紀元前1000年の昔から

Tok0396

歴史は言葉に頼るから多くの間違いをしでかします。そもそも古代に書かれた文章自体、正確だという保証など全くない中で、史書絶対主義で歴史を組み立てています。中国の場合は特殊で、史書に基づく歴史を築きあげられると考えていますが、中国以外の国では大きな間違いを起こします。文字は紛争が多い多民族の地域で生まれ、契約のために用いられます。結果として多民族国家の史書は正確です。一方で単一民族では書き言葉の発展が不要、契約は口約束で十分です。そのため文書に真実を書くという風習や育たず、真実は噂話での伝承に頼られます。

Tok0394

日本がよい例です。歴史が残っているのは古事記や日本書紀の時代からですが、考古学によれば日本には縄文時代や弥生時代でさえも私たちが想像する以上に近代的で科学力を持った文化が育っていました。建築技術、農業技術、船舶を含んだ漁業技術と交通システム。文字がなかった時代の人々は伝承よる歴史だったので記憶力という面では現代人よりはるかに勝っていたと予想出来ます。文字文化に頼り記憶力の薄れた現代人には古事記や日本書紀は作者が作った物語をでっち上げと感じるかもしれませんが、当時の人たちの記憶力があれば数百年の伝承が驚くほど正確に残っていたはずです。事実、日本はほかの国より記憶を重視した教育が「遺恨」として残っています。ただ古事記や日本書紀には政治的な策略があるので、間違いなく嘘が多い。真実は嘘の裏から想像するしかないのです。

Tok0409_2

歴史が残っていない滅ぼされた大国と言えばマヤ文明です。最近の考古学の研究で紀元前1000年の頃から国と文化が成立したようです。マヤ文明は驚くべき建築技術、石の加工技術を持っていました。またカレンダーを含めた天文学の知識は近代の西洋天文学がやっとおいついてきたと言えるほどです。脳外科手術をしていた形跡があるなど医療も驚くべきレベルにあったようですが、単一民族国家の特徴として文字が発展せずそのうえ滅ぼされたので歴史は考古学に頼るばかりです。

Tok0416

マヤ文明は最近になって大きな発見が続いています。これからも楽しみです。

Tok0411












« ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その2 | トップページ | 本所深川ふしぎ草紙「宮部みゆき」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ねじまき鳥クロニクル「村上春樹」 その2 | トップページ | 本所深川ふしぎ草紙「宮部みゆき」 »

フォト
無料ブログはココログ