« 京都の寺院ともみじ | トップページ | 首都立地 »

2013年3月 4日 (月)

なぜレ・ミゼラブルが好きになったのか

Oki0192

映画を4回観に行って、CDとコンサートDVDを購入し、以前のLes Miz熱が戻ってきた昨今。ロンドンのパレス・シアターで3回鑑賞し、ロンドンでCDを購入したのは1992年から1995年ころ。なぜこんなにはまったのか記憶が薄く、2002年に書いた自分のホームページを調べてみました。最初にLes Mizを選んだ理由は偶然といえます。英語力が十分でなかった私は初めての海外出張で自分にいくつか課題を与えました。その一つが自分でチケットを買ってミュージカルを見に行くこと。大学時代から会社に入っても数年間はバンドをやっていたので音楽に興味があったから演劇ではなくミュージカルを選んだと書いてありました。ダフ屋でチケットを購入し、前から22列目で1万円程度は高くないですね。

Oki0182

当時は英語力で、ストーリーは半分程度しか理解できませんでした。魅力があるのは「酒場のシーン」と書いていました。実際は宿屋のシーンです。今回の映画でエポニールが宿屋の娘と知って(日本語版でLes Mizを見ていた)家内に笑われてしまいました。また当時は「誰もが知っている曲がない」と言い切っています。1992年当時は正しいと感じています。フランスがオリンピックの行進にOn My Ownを選んだのは2000年だし、スーザン・ボイルが有名になったのは最近のことですから。

Oki0186

当時はミュージカルのことを全く理解していなかった私は「日本ではヒットしないミュージカルだろう」と書いていました(笑)とにかく踊りがなく歌い上げるミュージカルは「日本ではうけない」と感じていたようです。しかし1987年にはすでに日本でもレ・ミゼラブルのミュージカルが始まっていたのです。私は音楽の素晴らしさにほれ込んでLes Mizにはまります。違うミュージカルも数多く見ました。ミス・サイゴンとかファントム・オブ・ジ・オペラとか。そんなミュージカルを見るたびにLes Mizの素晴らしさを再認識しました。

Oki0189

そういいながらオーストラリアキャストによるMamma Mia! にははまってしまい、長い間Les Mizから離れておりました(笑)

Oki0194

« 京都の寺院ともみじ | トップページ | 首都立地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都の寺院ともみじ | トップページ | 首都立地 »

フォト
無料ブログはココログ