« 大阪にカジノは必要か | トップページ | 寒波と積雪 »

2013年3月 1日 (金)

石山本願寺

Kyo0072

浄土宗と浄土真宗を一つにまとめて語ることはいけないのですが、やはりどうしても気になる石山本願寺の一向一揆。私たち現代人は仏教が巨大な軍事勢力という印象をどうしても持てません。織田信長の宗教弾圧は「非道」と思われていますが、どうやらそれは現代の「信教の自由」から生まれた誤解なのかもしれません。つまり「一揆」とは鍬などを抱えた農民と軍隊の衝突ではなく、もっと明確な軍事衝突だといえます。一方で農民は一種の「人の盾」として使われた可能性があります。刀狩の前であったことも重要ですね。士農工商が分かれていない時代でしたから農民も臨時軍人だったのでしょう。またオウムの事件を見ても宗教は信者をマインドコントロールするため非常に強力で、女性や子供まで巻き込むことも確かです。

 
Kyo0068

今日の話題は一向一揆です。石山本願寺は今では大阪城になっています。寺ではなく城と考えたほうが良い様で、兵糧攻めにも1年以上耐えられたというのですから信じがたい容量です。石山ができたのは蓮如の時代、15世紀末期です。石山本願寺の一向一揆は10年にわたり続き、信長の日本制圧が遅れる大きな理由となったはずです。顕如は僧侶でもありますが、当時の大大名の一人と考えたほうがわかりやすいのではないでしょうか。


Kyo0070

豊臣秀吉の天下統一が楽に進んだのは、石山本願寺と比叡山という京都に近い大勢力が制圧されていたからでしょう。さらに刀狩で武器を奪われた寺院勢力が徳川家の時代に導入された身分制度により個人の職業が明確になり、仏教と軍事は別の職業となります。もちろん島原の乱など例外はあります。織田信長は本山を滅ぼしましたが浄土真宗などを禁止してはいません。キリスト教を禁止した徳川家は非道だったのでしょうか。これはまた別の話題ですね。

Kyo0074

滅ぼされなかった浄土真宗、本願寺は京都にうつり、現在の東本願寺となりました。今でも日本を代表する宗教です。言っては悪いのですがかなり気楽な宗教なので今の生活を続けたまま信者となり、信者の時間が割かれないのに「浄土に行くことができる」のですから人気があって当たり前です。

Kyo0073

« 大阪にカジノは必要か | トップページ | 寒波と積雪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪にカジノは必要か | トップページ | 寒波と積雪 »

フォト
無料ブログはココログ