« キプロスの問題 | トップページ | 年齢による入場制限 »

2013年3月28日 (木)

避難経路を考えよう

Kyo0244

南海トラフ地震の被害が定量化されてきたので考えてみることにしました。

私の家は大阪南部、海から100m程度の場所にあります。平野部が多くて通常は自転車でどこでも行ける便利な場所です。しかしながら津波対策となると厳しい環境にあります。ハザードマップを見れば津波が来ないエリアになっています。南海地震の津波は和歌山と淡路島の隙間を超えて基本的には直進し、神戸方面から大阪湾の北部を襲うという想定になっています。しかし干渉波があるでしょうし、和歌山と淡路島の隙間は津波にとって十分に狭いとは言えません。

Kyo0246
 
Kyo0251

ただ私の住むマンションは13階建てですから車をあきらめれば基本的に助かる、上の階に逃げれば大丈夫でしょう。小学校は微妙ですが一応4階建てですし、途中に障害物も多いので大丈夫とは考えています。「大地震が来た時は学校に残るように」と娘には言い聞かせています。息子の中学は内陸部なので通学中を除けば大丈夫。

Kyo0247 

問題は私が勤める会社です。和歌山の沿岸部、しかもエネルギー産業ですから原発と同じく津波が来ても気軽に避難はできません。建物は高くて3階建て、近くに山がありますが津波到達まで時間が短いので簡単には逃げられません。会社の津波対策は…正直なところまだ無策に近いのです。堤防などを高くしても10mを超える津波には対抗が難しいですからね。

Kyo0248

数百年に一度発生する大津波、頻度が低い事もあって対策が難しいですね。

« キプロスの問題 | トップページ | 年齢による入場制限 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キプロスの問題 | トップページ | 年齢による入場制限 »

フォト
無料ブログはココログ