« 温暖化の話題はどこに行ったのでしょう | トップページ | 平安京の苦難 »

2013年3月 8日 (金)

在宅勤務は是か非か

Oki0224

在宅勤務は通勤時間と交通機関につかうエネルギーが減少します。電力消費が大きいオフィスより家庭であれば電力消費は抑えられそうですが、よっぽど徹底しないとオフィスは稼働したままですので、電力消費としては増える傾向でしょう。台風の時など通勤が厳しいときは私も在宅勤務をすることがあります。年に多くて数日程度ですけど。家庭よりオフィスは気が引き締まるし仕事の効率がいいです。


Oki0230

アメリカのYahooが在宅勤務を禁止しました。ソフトウエアの会社ですからほとんどが在宅でできる仕事であることは間違いありません。しかしコンピュータとネットワークが万能でない事ははっきりしてきました。やはり顔を見合わせた会話は多くの面で効率がいいですね。Webカメラなどという手もありますが、やはり顔を見合わせたほうがいい、システム部門で働く私もそうかんじます。

 
Oki0236

それ以上に難しいのはモラルの問題です。在宅勤務の場合、家の中にオフィス空間を作らなければいけません。テレビがあったりプライベートのパソコンがあったりすれば最悪です。家族が入ってこないように鍵をかけ、昼食でさえも家族とは別にとるべきです。昼休みを含め「仕事中」なのですから。実際に在宅勤務をしている人にはそのような工夫をしている人が多いと聞きます。それでも長い間在宅勤務をすることは精神的に厳しい、孤独というのも問題ですよね。

Oki0244
 

私が勤める会社でも数年前に在宅勤務は原則禁止となりました。良い決断だったと感じています。

Oki0167

« 温暖化の話題はどこに行ったのでしょう | トップページ | 平安京の苦難 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 温暖化の話題はどこに行ったのでしょう | トップページ | 平安京の苦難 »

フォト
無料ブログはココログ