« 日本の神々 | トップページ | 神社の種類 その1 »

2013年1月11日 (金)

R.P.G.「宮部みゆき」

Mar0143

確かに宮部さんの本は長編の方が面白いかもしれません。このくらいの宮部さんにしては「薄い本」では、どうしても物語の深みが少なくて物足りないと感じてしまいます。ただこの作品は考えさせられる事も少なくありませんでした。

Mar0138

個人的な疑問は「一美」の描き方。宮部さんは彼女を自己中心的な人物としか書いていません。作者なので、宮部さんがそのような人物として一美を書く以上、どうしようもありません。しかし国語が苦手だった私は作者が想定していない登場人物の心理状況を感じてしまいます。一美は両親の事が大好きだったのではないかと言う事 です。国語の「作者の書きたかったことは何か」という問題に正解した記憶がない私ですから(笑)

Mar0142_3

もう一つ、インターネットの中でプライベートな時間を過ごしている私にとっては「インターネットでここまでの結末に至る事があるのだろうか」と言う疑問です。殺人の動機となるのだろうか、この程度の事はインターネットの世界では日常茶飯事ではないかと言う事です。まあ現実世界の殺人事件でも、きっかけは驚くほど些細ないざこざである事は確かです。

Mar0141
 

単純な事件だけに、ある意味怖い小説でした。

 
Mar0144

« 日本の神々 | トップページ | 神社の種類 その1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

上海蟹?とてもおいしいという噂。

また、ゆっくりと小説に没頭できる日がくることを願って・・・。
以前紹介されていた本を買って読みました。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の神々 | トップページ | 神社の種類 その1 »

フォト
無料ブログはココログ