« 蝋燭の灯 | トップページ | 逆説の日本史 別巻1 ニッポン風土記[西日本編] 「井沢元彦」 »

2013年1月23日 (水)

レ・ミゼラブル 好きな曲は?

Mar0187

 

音楽には誰にでも好みがあります。レ・ミゼラブルの中で、 “I Dreamed a Dream” (日本題:夢やぶれて) だけが極端に人気なのは不満が残る人もおおいでしょう。演技に集中したせいもあって “Come To Me” がしっかりと歌えていなかった点もすこし不満。

個人的に一番好きなのは “Castle on a Cloud” です。これはレ・ミゼラブルのミュージカルを見た人の多くが同感する事でしょう。舞台の中心で幼いコゼットが歌う姿は誰もが感激し、大拍手となる部分です。ここについて語っても仕方がありません。

Mar0193
 

さて次に好きなのは “On my Own”。個人的にはフォンティーヌが歌う “Come to Me” (フォンティーヌがなくなるときの曲)よりエポニールが同じ旋律に乗せて歌う “On my Own” の方が歌詞は素晴らしいと感じています。若いころは彼女のようなシチュエーションも少なくありません。エポニールの曲は全体的に悲しくて切ないのですが、彼女が死を迎える時の “A Little Fall of Rain” も涙を誘う曲ですね。基本的にエポニールの曲はすべて好きです。若くして亡くなられた本田美奈子さんが演じられていたことでもイメージが重複します。

Mar0194

さて主役のジャン・バルジャン、好きな曲と言われると困ってしまいます。どちらかと言えば物語を進める曲が多いですね。その中にあって “Who Am I?” おなじ旋律の “One Day More” は彼の見せ場でしょうか。少々映画ではジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンが若すぎる、やせすぎているとのコメントも見られましたが、日本のミュージカルでもやせた若い人が演じています。ちなみに映画で司教を演じていた方がミュージカルの初演ではジャン・バルジャンを演じていたそうです。


Mar0196
 

なおガブローシュの曲もすべていいですね。彼の歌が少なめだった映画は少し残念でした。

Mar0201


« 蝋燭の灯 | トップページ | 逆説の日本史 別巻1 ニッポン風土記[西日本編] 「井沢元彦」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝋燭の灯 | トップページ | 逆説の日本史 別巻1 ニッポン風土記[西日本編] 「井沢元彦」 »

フォト
無料ブログはココログ