« レ・ミゼラブル 好きな曲は? | トップページ | 京都の山々 »

2013年1月24日 (木)

逆説の日本史 別巻1 ニッポン風土記[西日本編] 「井沢元彦」

Mar0219

過去の読書経験から風土記はオムニバスな雑学に近く、物語として面白かったという経験がありません。ただ数少ない読書経験の中で、このニッポン風土記は面白い部類だったと感じます。ただやはりひとつひとつの物語が短すぎる、西日本全体を一つの本にまとめるには無理があったようです。

Mar0210

逆説の日本史は着眼点として面白いシリーズです。無理のある発想とは感じますが、その無理の中から真実のヒントが導き出されることもあるはずです。特に先史時代から平安時代までの彼の持論は納得がいくものばかりです。無条件での全肯定はしませんが、私の史観も彼の影響を大きく受けています。

Mar0221
 
Mar0223

このニッポン風土記でも彼の持論は冴えています。ただ文学という意味、読みやすさという意味では卓越した部類とは言えません。ただ文学者の本との比較として卓越していないというだけで、歴史学者の本の中では群を抜いて読みやすい。ただ驚くほどの繰り返しの多い文章には(それが彼の作戦ではあるのですが)余分に金を払わされているのではないかと損をした気分にさえなります(笑)

Mar0202

井沢さんの作品を読むのであれば、最初の本としてはあまりお勧めできません。

« レ・ミゼラブル 好きな曲は? | トップページ | 京都の山々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レ・ミゼラブル 好きな曲は? | トップページ | 京都の山々 »

フォト
無料ブログはココログ