« 大増殖した稲荷神社 | トップページ | 日本の神々 »

2013年1月 7日 (月)

平清盛

Mar0129

まずはすごい低視聴率の中、最後まで見ていた私はレアな視聴者として一目置かれますね(笑)でもどうしてここまでの低視聴率だったのでしょうか。兵庫県知事のせいでしょうか。

日本には「判官贔屓」(ほうがんびいき、もしくははんがんびいき)という言葉があります。これは日本人が源義経好きであることを意味しています。私も大好きです。事実、最近でも源義経の大河ドラマは近年の中で代表的な視聴率です。


Mar0130

当然のことですが、義経の敵は嫌われます。そう、源頼朝とその家族、および平家です。平清盛の物語を源頼朝が語るのですから、「判官贔屓」という言葉に抵抗することになります。平清盛というドラマのタイトルが発表されたとき、誰もが「挑戦的」と驚きましたし、視聴率は低いだろうと予想できました。

Mar0132

 

低視聴率の原因はほかにもあります。とにかく山場がない、平清盛が粛々と権力を伸ばしていくだけでどんでん返しがありません。演技は良いのですが、和歌が出てきたり、極端な呪いのシーンがあったりと史実に基づくとはいえ少し難しすぎるし、過剰すぎる表現がありました。その中では杏さんの演技がよかった、一番印象に残っています。


Mar0134

でも歴史教育ドラマと割り切れば面白かったですよ。

Mar0133

« 大増殖した稲荷神社 | トップページ | 日本の神々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大増殖した稲荷神社 | トップページ | 日本の神々 »

フォト
無料ブログはココログ