« とり残されて「宮部みゆき」 | トップページ | 火車「宮部みゆき」 »

2012年12月20日 (木)

九州の魅力

Bep0150

あの地震の後、多くの人が原子力発電との決別を決意しました。人の記憶は薄れるものではありますが、早すぎないかと疑問になるのが原発の再稼働問題です。選挙では自民党勝利は想定内ですが、反原発を訴えた政党が完膚なきまで大敗するとは予想できませんでした。

Bep0146
 

ただ選挙は「民主党不信任」であり原発の議論で決まったわけではありません。福島の事故の記憶は決して薄れておらず節電を継続し、電気料金が上がるという話を聞いても「原発を廃止するためであれば」ということを理解しており苦情を言う人はほとんどいません。企業が電力料金に苦情を言うのは仕方のない話です。

Bep0147

一方で再生可能エネルギーが予想ほどに伸びないのは、必ずしも自民党政権復活による原発再稼働で採算性が落ちることが理由ではないでしょう。私も今ある原発は安全面が確認されたのであれば再稼働し、新設は避け、長期的には廃止がよいと思うのですが、その一方で再生可能エネルギーは長期的な観点で開発が必要であり、最も効率的なのは地熱エネルギーであり、地熱は九州に偏在すると考えています。

Bep0148 

九州を地熱発電特区にすればよいのです。原発を建設するお金があれば景観を崩さない地熱発電なんて簡単です。ただ火山地帯に作りますから火山の噴火や地震は確実に発生しますので、安全面では気を付けなければいけませんね。地熱の水蒸気は漏えいしても住民には危険がないのでしょうけれども、従業員が安全に働ける地熱エネルギー発電所に期待します。

Bep0151

« とり残されて「宮部みゆき」 | トップページ | 火車「宮部みゆき」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« とり残されて「宮部みゆき」 | トップページ | 火車「宮部みゆき」 »

フォト
無料ブログはココログ