« 酔っ払い日記 | トップページ | 竜巻地獄 »

2012年12月25日 (火)

円安になったらどうなるか

Mar0063

 

円安のメリットはいろんなところで説明されているので取り上げません。ここは円安のデメリットを箇条書きにするというネガティブ日記です(笑)前提として2割の円安を想定します。100円/ドル程度ですね。

中国人が日本の土地やマンションの購入が加速します。中国はバブル崩壊が近いので「日本占領」という意味ではなく、資金の避難先、投資先として日本の不動産を買いそうですね。実際に企業買収は始まりつつあるようです。

Mar0064

対ドルベースで日本人の人件費は下がりますが、東南アジアの人件費ははるかに低いので日本人の仕事が増えるとは思えません。円安で輸出企業は潤いますが雇用が増えるとは思いません。倒産が減ることは私たちにとっても利益ですけどね。

Mar0061

円高とドーナツ化現象のおかげで日本の生活は輸入品に依存しています。輸入製品の値段は少なくとも上がります。ガソリンなどはわかりやすいですが、100円ショップなどは店が維持できるのかどうかわかりません。値上げをしないと持たないかもしれませんね。とにかく円安による物価の上昇は消費税の増加より家計に与える影響が多くなります。しかも消費税ならば困っている人にお金が回るので良いのですが、円安で値上がりする物に関してはだれが儲かるわけでもありません。企業が多少潤っても給料が1割増えるなんて今は夢のような話ですしね。自民党の言う2%のインフレ率なんて円安さえあればすぐに達成できそうですが、生活が苦しくなるだけですね。輸入品で大きなものはエネルギー、小麦、バター、大豆などの食材でこれらはパン、豆腐、お菓子などに影響しますね。他にも電化製品やパソコン、鉄の値段が上がるので国産でも車の値段などが上がりそうです。

Mar0067

輸入品が高くなると売れなくなります。特に高級商品を扱う小売業などは売り上げが落ちます。そうすると日本からのサービス撤退などが起きて、将来は高級外車の車検で苦労するかもしれません。まあ、高級外車に乗っている人が車検の値段が2倍になっても気にすることはないはずですね。それよりも安い電化製品の外資系企業撤退が怖いような気がします。例えばですがパソコンのDELLなど、撤退されると多くの企業がパニックですね。

これらを差し引いても円安のメリットはあるはずです。どこまでかと言われると私には全くわかりませんが1ドルが120円になったら私は海外旅行にいきません(笑)

Mar0071

« 酔っ払い日記 | トップページ | 竜巻地獄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酔っ払い日記 | トップページ | 竜巻地獄 »

フォト
無料ブログはココログ