« 大宰府という存在 | トップページ | 九州の魅力 »

2012年12月19日 (水)

とり残されて「宮部みゆき」

Mar0007 

宮部さんの少し不思議な世界、少し後ろめたい気持ちがこもった豊かな心情表現が楽しめる作品群です。ただ、いわゆるオカルト的な話ですから、不思議世界が好きではない人には勧められません。タイトル作品の「とり残されて」はタイトル通りに取り残されて主人公の女性にとっては事件の前後で心情に変化が無いというある意味悲しい話です。心変わりをするだろうという読者の期待は裏切られます。

Mar0009

「おたすけぶち」は本当にありそうでちょっと怖い話、「私の死んだ後に」は野球選手を主人公にした心の温まる話、「居合わせた男」は物語の最後で背筋にゾクッと寒気が走る良くできた話、本当に奥の深い作家さんです。他にも星新一風のシュールな話などもあります。

Mar0010
 

最後に紹介するのは「たった一人」という作品。デジャビュ的であり、パラレルワールド的であり、実に不思議で心が少し温まるお話。ただ、読み終わりにいろんなわだかまりが残る事も確かです。結局存在してはいけないものが存在している、その存在が自分の存在の問題点に気がついている。

Mar0011

短編なので読みやすい、宮部さん絶頂期の作品です。不思議ワールドに違和感が無い人にはお勧めです。

Mar0012

« 大宰府という存在 | トップページ | 九州の魅力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大宰府という存在 | トップページ | 九州の魅力 »

フォト
無料ブログはココログ