« 地震予知ができなくて有罪「神戸まつり 26」 | トップページ | 喫煙の難しさ「神戸まつり 27」 »

2012年11月 5日 (月)

月のうさぎ「再掲 沖縄」

Oki30066

子供の頃は今よりも月が良く見えました。高い建物が無かったからです。今はマンションに住んでいるので窓の外を見ればきれいな満月が見えることも少なくありません。秋になりましたから通勤の時にも満月を見かけます。

月の黒い部分の形がウサギに見えるから、月にウサギがいるという推論は無茶苦茶ですが(笑)確かにウサギが餅をついている姿が見えたような気がします。不思議に今はそのように見えないのですが、海外ではカニに見えたり、蛙に見えたり。突き出した2本の影をウサギの耳に見立てるのか、カニの詰めに見立てるのかというような違いです。

Oki30057

黒い影=月の海と呼ばれる部分ができた理由に対して、科学的な解析が進んでいなかったように感じます。いえ科学的には進んでいたかもしれませんが、あまり気にしませんでした。月には「うさぎありき」だったわけですから。この度、影が隕石衝突の痕跡であるとの発表が行われました。子供の夢をつぶす話だ、という冗談は置いておいてあそこまで広大な傷跡を残すなんて巨大な隕石ですね。同じ規模の隕石が地球にぶつかれば間違いなくすべての生物は死滅するでしょうし、地球が割れるかもしれません。ただ幸い30億年以上も昔の話のようです。

Oki30064

「アルマゲドン」など地球に隕石が衝突する映画は少なくありません。正直、地球に隕石が当たる事の予測は難しく、映画のように早期に隕石は見つからないでしょうし、核兵器で破壊するなんて不可能な話です。山の上に逃げた人間が生き残るなんて言う話も楽観的すぎです。私たちは隕石が当たらない事を祈るしかないのですが、日本の場合、巨大地震の方がはるかに発生確率は高いですし、火山による寒冷化の心配もあります。もっと身近に言えば交通事故や病気の方が怖い。隕石を恐れて空を見て歩いていても首が痛くなるばかりです(笑)

Oki30070

ただはっきりしたのは月にウサギはいないという事でしょうか。

Oki30072

« 地震予知ができなくて有罪「神戸まつり 26」 | トップページ | 喫煙の難しさ「神戸まつり 27」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホントですね、月にぶつかった隕石の跡が地球から見えるなんて
なんて巨大な隕石なんでしょう(^^;

隕石に当たればお金もちになれるかも(∩。∩;)ゞテレテレ・・・

さすがに隕石の直撃を受けると豆粒みたいなものでも危ないでしょうね。でも道端で小石かいん石かなんて普通はわからないので、意外とごろごろ落ちているのかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震予知ができなくて有罪「神戸まつり 26」 | トップページ | 喫煙の難しさ「神戸まつり 27」 »

フォト
無料ブログはココログ