« 地震発生の仕組み 一つの仮設「神戸まつり 25」 | トップページ | 地震予知ができなくて有罪「神戸まつり 26」 »

2012年11月 3日 (土)

Kindle Fire「再掲 沖縄」

Oki30047

いよいよAmazonKindle Fireが日本でも発売になります。Surfaceと比べることは正確ではありませんが、驚きの安さなのですぐに売り切れるでしょうね。価格競争が始まってくれれば消費者としてはうれしい話です。

さて、ではKindle Fireをどのように使えばよいのでしょうか。正直、私はタブレット端末の使い道にあまり詳しくありません。手で持って使うため予想以上に重く感じる、パソコンに比べれば遅い、ストレージの容量が少なくて写真の保管などには向かない(この場合、クラウドで保存しておくのでしょうけれども、通信速度がネック)。Kindle Fireはその点、タブレットにしては最速のWiFi 通信を持つそうで期待できます。サイズが小さいのもいいですね。正直値段が安いので買って試してみたいと思う気持ちがあるのです。

Oki30045

さて本筋論に戻して使い道を考えます。Kindle Fireは基本的にAmazonへの窓口です。Amazonは(ある意味恐ろしいほど)簡単に何でも買える企業です。Kindleはいわゆる電子文庫が発祥ですが、日本の場合は漫画や雑誌が主流になるかもしれません。そのため、カラー液晶で適度なサイズのKindle Fireは価格から考えてもまず失敗はなさそうです。もともと「本屋」から始まったAmazonですからフォントに対するこだわりも強い様で、文字もきれいだそうです。遠視が進んできた方には文字サイズが変えられるタブレットは魅力ですね。

Oki30054

ただ注意が必要なのは日本人、特に女性にとっては片手で持つ場合、これでも少々大きすぎること。電車通勤などで読むには少々厳しいサイズかもしれません。やはり家や喫茶店など落ち着いた場所で利用するのがよさそうですね。タブレットに限らないのですが、重要なことは自分の生活サイクルの中に「どこにタブレットを使う時間があるのか」という事ははっきりさせておかないといけません。私は車通勤なので通勤中には使えない、勤務中には休憩時間を含めて使えない、家では実家も含めてパソコンが便利です。つまりタブレットが入り込む「時間」が私の生活サイクルにはありません。だから冷静に考えると必要ありません。

Oki30058

本を家族で回し読みするので個人持ちとなりそうな電子書籍は不便です。

Oki30060

« 地震発生の仕組み 一つの仮設「神戸まつり 25」 | トップページ | 地震予知ができなくて有罪「神戸まつり 26」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震発生の仕組み 一つの仮設「神戸まつり 25」 | トップページ | 地震予知ができなくて有罪「神戸まつり 26」 »

フォト
無料ブログはココログ