« 夏の想い出「再掲 沖縄」 | トップページ | オンラインコミュニケーションの変化「神戸まつり 12」 »

2012年10月 4日 (木)

湿っぽい話は抜きにして

Oki0106

中秋の名月の日、彼岸花が咲く頃、先週、母親が他界しました。

まだ少し若かったのでもちろん残念ですが、悲しむのではなく笑顔で見送る事が出来たように感じています。

急なことだったので驚きましたが、眠るように倒れその後意識が戻る事はありませんでした。苦しむ事は少なかったと感じていますし、敬老の日の前後には電話ではありますがゆっくり話もできましたし、お盆には孫に囲まれ楽しい時間を過ごしていましたので良い思い出が残りました。

Oki0113

倒れた時には脳死だったのですが、全員の親族が見舞いに行くまでの1週間、心臓が強く動いていました。最後となった私の息子が挨拶をしたときまで変化がなかったのですが、その数時間後、私達が新幹線で大阪に戻っている途中に急に心臓が止まりました。みんなの事を待っていてくれていた、台風が通り過ぎるのを待ってくれていた、意識が無いとは思いづらい瞬間で感謝でした。とにかく明るい母だったので誇りでもありましが、一方で我が強かったので息子としては長くて激しい反抗期でした。それもコミュニケーションの一つだったと感じています。

Oki0133

父親は寂しさを見せながらも元気です。予想以上の書類手続きの多さに振り回され「これは簡単には死ねないな」と不思議なきっかけで生きがいを感じているようです。そうはいっても息子たちとは離れた場所に住む父親なので今後はいろんな事を考えないといけませんが、元気なうちは父親の自由を奪う事にならないようにしたいです。

Oki0143

母は戦争で4歳のときに父親を亡くしましたが、一度も戦争の悪口は言いませんでした。とにかく前に向いて明るい性格で、過去の苦労など笑い飛ばす人でした。私も前向きでポジティブな性格を受け継いでいかなくてはいけないと義務感さえ感じています。

Oki20004

« 夏の想い出「再掲 沖縄」 | トップページ | オンラインコミュニケーションの変化「神戸まつり 12」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お母様、家族全員が揃うのを待ってたのですね・・・
読んでいて泣けてきました。
すごく強いお母様だったんですね
苦しまず 逝かれたみたいでよかったですね。
たくたくさんも気を落とさずに がんばってくださいね。

こんばんわ、最後にお会いできて良かったですね。
お母様のご冥福をお祈りいたします。
Takuさんもアバターのような笑顔で見送れたんですね。

ありがとうございます。
本当に驚きでした。私は大丈夫です。どちらかと言えばあまりに突然だったのでいまだに現実離れした気分です。今は私が悲しんでいる場合ではなく、父親をいかにサポートするか、その案を考えるのに忙しい日々です。

ありがとうございます。本当に良かったです。
倒れた時は脳死で心肺停止だったのです。1時間程度も心臓が止まっていたのに、近代技術に頼ったとはいえ1週間も一緒にいてくれた事には本当に感謝です。
しいて言えば、もう少し私達親不幸な息子たちに迷惑をかけてほしかったのですが…

大変でしたね。気が張っていませんか?
疲れが出ませんように。
両親の日々弱っていく姿を見ていると、心の準備もしなくてはと思います。

ありがとうございます。もう大丈夫です。すごく長い一週間だったように感じます。そのおかげであまり疲れを感じていません。本当にそうですね、物事は本当に突然です。でもあまり準備をしておくのも難しいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の想い出「再掲 沖縄」 | トップページ | オンラインコミュニケーションの変化「神戸まつり 12」 »

フォト
無料ブログはココログ