« 何事にもリスクはあるのですが「再掲 沖縄」 | トップページ | モバイルWiFiの経験をいくつか「神戸まつり 20」 »

2012年10月21日 (日)

iPS細胞に言及しない理由「再掲 沖縄」

Oki20036

「よくわからないから」(笑)

iPS細胞はある種クローン技術です。ただ、頭脳を持つクローン生態を作るのではなく必要なパーツのみを作るという技術です。個人的にはクローンのように倫理問題とはならないと感じているのですがどうでしょうか。ただ、もし倫理面で議論されることがあるとすれば、この技術が不老不死技術につながるのではないかという点と、頭脳だって作れるのではないかという点です。ただそれはかなり将来の議論、それよりまず再生医療の面での革新に目を向けるべきですね。

Oki20033

十分に理解できてはいないのですが、iPS細胞は自分の細胞を使って破損した部分の修復パーツを作る技術です。もちろん万能な技術ではありませんし、ガンなどは治らないはず。ただ、心臓の治療、神経細胞の治療、やけどなどの皮膚の治療、網膜の再生など今までに「不可能」と思われていた疾病への治療が期待され、本当にノーベル賞に値する技術であり、確実な成果が期待されます。

Oki20037

ノーベル賞に選ばれた事はうれしいニュースですが、その為にへんな倫理に関する議論や、形式にこだわった時間ばかりをかける開発は避けてほしい所です。泥臭い、チャレンジ精神のある、ある意味「リスクを取った」開発を期待したいのです。ただ残念ながら日本では法律に阻まれる、日本以外での開発が必要なのかもしれません。

Oki20038

日本の法律はものすごく国力を失う原因になっています。日本のばかげた法律を半分にすれば日本は大きな好況になるはずです。iPS細胞の開発が日本のつまらない法律に阻まれない事だけを期待します。

Oki30003

« 何事にもリスクはあるのですが「再掲 沖縄」 | トップページ | モバイルWiFiの経験をいくつか「神戸まつり 20」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

iPS細胞、難しすぎて私には良く分かりませんが・・
難病が治るとか言われてて スゴイ事だと思うのですが
そのうち、体の半分がサイボーグ。なんて人が出来たり
するのではないか・・と心配です(^^;

でも興味はありますよね、若返り(笑)
自分の皮膚の細胞を「赤ちゃんの段階から」再生できるのですから、つるつるお肌が戻ってきます。そんな冗談はともかく、やけどの人の皮膚を再生するなんていいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何事にもリスクはあるのですが「再掲 沖縄」 | トップページ | モバイルWiFiの経験をいくつか「神戸まつり 20」 »

フォト
無料ブログはココログ