« 排他的経済水域「再掲 沖縄」 | トップページ | ダイヤモンドでできた星「再掲 沖縄」 »

2012年10月15日 (月)

環境税「神戸まつり 17」

Kob0262

ガソリンでいえば10月から1リットル当たり0.25円の環境税が付加されます。近い将来には0.8円程度になります。ガソリンばかりではなく電気やガスにも同じように環境税がかかりますが、家計として大きな負担とは言えません。月に缶ビール1本を控えればよい程度の金額です。ただ国が税金を集めても無駄遣いするだけ、親が上げた小遣いをゲームセンターで一瞬にして無駄遣いする息子と同じほどむなしい税金です。

Kob0254

環境税とついているのだから環境のために使ってほしいのですが間違えていますか?まずは二酸化炭素についていえば、国有林の整備、間伐を行いそれらの材料で割りばしなどの木材製品を作るといういわゆる日本古来の二酸化炭素サイクルを復活させることでもいいでしょう。ただし名前の通り「サイクル」ですから地表より上のCO2自体は減りません。地中から採取した化石燃料から発生する大気中のCO2を減らすには地中に戻すしか方法がありません。

Kob0271

CO2は火力発電所や工業地帯から発生します。しかし排気は多くの窒素や酸素も含んでいます。これらからCO2を分離するには多くのエネルギーとコストがかかり本末転倒。しかも排気ガスすべてを穴に埋めるのは事実上困難で、どんなに巨大な穴でもすぐに排気ガスでいっぱいになります。しかも圧力をかけて穴に送り込むとやはりエネルギーとコストがかかります。コストを掛けずに固体化して地中に埋めることはできないのでしょうか。例えばイモなどは効率よくCO2を炭素化してくれます。しかし考えてみてください。日本の石油だけでも毎日原油タンク数個分の油を消費します。それに相当する芋を作って乾燥させて地中に埋める、現実的ではありません。もっと高速で大量、無害の炭素化技術が必要です。

Kob0257

現実的にCO2は増加する一方で減らすことは不可能です。発生量を少々減らしたところで温暖化抑制の効果は期待できません。環境税の一つの使い道はいかにして不可能と思われるCO2サイクルを打ち砕き、地表より上からCO2を排除できるか、その研究に環境税をかけるべきです。

Kob0270

« 排他的経済水域「再掲 沖縄」 | トップページ | ダイヤモンドでできた星「再掲 沖縄」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったく 環境税ってなんやねん!゛(`ヘ´#) ムッキー
って感じですよね。でも ガソリン代少し 下がったような
気がしますけど(^^;

○○税って 税金はたくさんありますけど 本当に
一体何に使われているのか わかりませんね・・
(ーー)

東京電力が気楽に賠償していますが、それは税金なのでは?もしくは電気料金なのでは?社員は多少苦しんでいるにしても、日本の平均より高い給料をもらっているのでは?なんて気になります。
ただ企業が悪いのではなく、国の仕組みが悪いのでしょうね。

Dear, hermes sale cheap,
> Comfortably, the article is in reality the best on this valuable topic. I harmonise with your conclusions and will thirstily look forward to your coming updates. Just saying thanks will not just be sufficient, for the wonderful clarity in your writing.

Thank you very much for your harmonize my ... well... idea rather than conclusions. I am very sorry though I remove your original comment and keep it in this reply. Your English is too natual so I just feel some protection to my site for other visitors.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 排他的経済水域「再掲 沖縄」 | トップページ | ダイヤモンドでできた星「再掲 沖縄」 »

フォト
無料ブログはココログ