« なぜシャープはこんな事態になったのか「神戸まつり 07」 | トップページ | 大阪都構想「神戸まつり 08」 »

2012年9月14日 (金)

魚が住めないきれいな海「再掲 沖縄」

Oki0063

沖縄の写真なのに瀬戸内海の話です。

かつて瀬戸内海は海洋汚染の代名詞というほど汚れていました。油が浮き、流れ込む川は泥色で泡立ち、赤潮がしばしば発生していました。日本人は本当に頑張りました。工場は川からくみ上げた水を川の水以上にきれいにして流し、下水処理も大幅に向上しました。生活排水の垂れ流しも減りました。その結果、瀬戸内海の透明度は以前に比べ2倍になったそうです。

Oki0072

その結果として、驚いたことに魚が住めなくなったのだそうです。海の生物にミネラルは不可欠ですが、そのミネラルが水をきれいにしたことで大幅に減りました。その為、食物連鎖のバランスが崩れプランクトンや貝が激減し、魚が住めなくなったのだそうです。経済的に言えば漁業に大打撃という話ではありますが、この場合どうすればいいのか判断が難しいですね。

Oki0075

海をきれいにすることは単純に考えてよい事です。地球温暖化の軽減にもつながりますし、魚に蓄積する有害物質が減る事で私たちの健康にもよい事です。しかし、それで魚が住めない死の海になるのはよくないですね。だからと言ってわざと海を汚すことはできません。ディーゼルエンジンで煤煙を減らせば地球温暖化には悪いという話があります。きれい好き過ぎると子供たちに抵抗力がなくなるという話も似ています。

Oki0032

何事もバランスが大切ではあるのですが、その匙加減はとても難しいですね。

Oki0058

« なぜシャープはこんな事態になったのか「神戸まつり 07」 | トップページ | 大阪都構想「神戸まつり 08」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜシャープはこんな事態になったのか「神戸まつり 07」 | トップページ | 大阪都構想「神戸まつり 08」 »

フォト
無料ブログはココログ