« なぜ夕日で笑顔になるのか「再掲 沖縄」 | トップページ | ハブクラゲ「再掲 沖縄」 »

2012年9月21日 (金)

温暖化対策で誰が得をしているのか「神戸まつり 10」

Kob0141

二酸化炭素による気温上昇に対しては懐疑論派です。事実、懐疑論派の科学者は少なくありません。アメリカの対応などが正しいのかもしれません。多くの科学者がこの事実に気がついています。それなのになぜ方向を変えないのか、誰かがもうかっているからではいのか。

Kob0143

二酸化炭素による温暖化は科学的な理論武装が行われており納得できます。否定しているのでないのです。私の場合は、気温上昇が3℃あるとした場合、二酸化炭素による影響は1℃程度しかないのではないのかということです。今から50%二酸化炭素排出量を削減したところで温度上昇は止められないという事が大きな疑念です。これは報道特集などで何度も説明されていますから繰り返すつもりはありません。そうであればなぜみんなCO2削減に努力するのでしょうか。

Kob0145

原発推進に温暖化が都合の良い口実であったことは明確です。原発の事故が起こると政府の温暖化議論が一気にトーンダウンした事からもわかります。またヨーロッパが生活を犠牲にしてエネルギー消費量を減らしているのに対して、日本は技術依存です。生活を変えずに技術で使用料を下げようとしました。液晶テレビ、エアコンの買い替え、電気自動車にハイブリッド。悪い事ではありません、一つの方法ですが、金儲けが絡んでいた事も確かですね。

Kob0152

日本が原発を造り続けた理由については言及しません。ただ日本の一つの温暖化ガス抑止の目的が経済活性化である事も間違いなさそうです。

Kob0153

« なぜ夕日で笑顔になるのか「再掲 沖縄」 | トップページ | ハブクラゲ「再掲 沖縄」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ夕日で笑顔になるのか「再掲 沖縄」 | トップページ | ハブクラゲ「再掲 沖縄」 »

フォト
無料ブログはココログ