« 川の流れ「京都植物園」 | トップページ | 次はどこに行こう「京都植物園」 »

2012年5月 2日 (水)

宇宙はどこ?

Nara0346

小学生の質問です。宇宙飛行士の古川さんは「地表から100㎞ほど、でもここ(教室)も宇宙」と答えました。端的で素晴らしい回答ですね。

せっかくの端的な回答を混ぜ返すのが私の悪い癖です(笑)宇宙というと基本的に地球以外という言葉の定義なのでしょうけれども、地球と宇宙の境目なんてありません。地球は宇宙の一部だし、私たち人間も宇宙の一部、宇宙生物です。

Nara0341

私が子供のころに抱いた質問はいまだに解決していません。大人になったので質問すること自体が恥ずかしくなり、わかったふりをしているだけです。その質問は「宇宙の外には何があるのか」。膨張宇宙論は私が子供のころにはありました。宇宙がビックバンから始まり膨張している、その膨張は永遠に続き、宇宙は拡散(希釈)されていくのか、もしくは宇宙の重力で再び縮むのか…この点は私にとってはどうでもよいのです。

Nara0349

宇宙は巨大です。宇宙の範囲を定義するとき、ビックバンの光が到達した場所という定義には納得がいっています。しかしその外が「無である」という答えにはどうも納得がいきません。宇宙の外にはたくさんの宇宙があり、それらの宇宙は時に衝突している、その衝突波がまだ光として地球に到達していないだけで、もうとっくに複数の宇宙が合体しているのかもしれません。合体したからと言って地球や太陽系に影響があるとは思えないのですけどね。ただドップラー効果で見ると「近づいてくる宇宙」が見つかるだけの事でしょう。

Nara0353

最近の科学力の進歩、特に望遠鏡と画像処理能力の進歩は目覚ましく、宇宙についていろんなことがわかってきました。それでも誰も私が子供のころに抱いた質問に納得できる回答を与えてくれる事は難しそうですね。

Nara0345

« 川の流れ「京都植物園」 | トップページ | 次はどこに行こう「京都植物園」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も同じ質問を父にしました。
「宇宙の外には違う宇宙がある」
という答えでしたが、到底納得できませんでした。
自分なりに色々考えてはみたのですが、<星の重力で空間が歪む>という話を聞いてから、
「宇宙には、私たちの考える常識以外のものがある」
と考えるようになりました。
空間も、時間も、一定の法則で流れてはいないかもしれないと思うことで、私はずいぶん納得できました。…子供だましの理屈ですが(笑)
今また思い出して、懐かしくなりました。

宇宙がかなりお好きなようですね(笑)子供の頃、実におかしな話ですが、私が生きている間に宇宙の秘密はわからないので子孫がほしいと考えたほどです。しかし宇宙の外は光速の壁に阻まれ、永遠にわからないのでしょうね。でもいつまでもわからない秘密があるとそれはそれで人生の楽しみになります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川の流れ「京都植物園」 | トップページ | 次はどこに行こう「京都植物園」 »

フォト
無料ブログはココログ