« 次はどこに行こう「京都植物園」 | トップページ | 京都を後にする »

2012年5月 5日 (土)

一生勤めたい

Nara0361

今年の新入社員のアンケートでなんと60%を超える人が一生同じ会社に勤めたいと書いたそうです。これは過去最高の数字だとか。

ひとつには苦しい就職活動の争いで「本心から」愛社精神を見せないと採用されない事から永年勤続の意思が骨身に染み付いてしまったのかもしれません。しかし少し違う側面から考えてみましょう。大卒で就職するとすれば、定年延長を考えると40年ほどは働くことになるでしょう。しかし40年も継続している会社はごくわずかです。多くの会社が合併したり倒産したり、何らかの変化を見せます。私が勤める会社は社名こそ1回しか変わっていませんが、実際にはこの20年程度で3回の大きな変化がありました。

Nara0359

こんな世の中で「一生勤めたい」とは会社が安定成長を続けてほしいという願望もあるのではないでしょうか。新入社員の方たちは一度も好景気を知らない世代です。成長より安定を求めます。たくさんの会社が倒産する姿を目にしてきました。いまや電機産業や一部の自動車企業など日本を代表する会社でさえも危機を迎えており、誰もがそれを知っています。だから定年まで勤めたいというのは定年まで存続してほしいとの願望なのでしょう。

Nara0363

公務員だけは安定だ、一生勤められると考えられてきました。しかし今や公務員でも不安定な時代です。日本はギリシャと同じ、公務員の比率が高すぎます。もう少し広げていえば公共工事への依存度が高すぎます。ダムを作るのもいいし、道路を作るのもいいので完全民営化すべきです。そんな話はもう何十年としてきたのですが、やっと少しずつ変わってきているように感じます。大阪市がきっかけになるのであれば、悪い事ではありません。公務員の方たちも民営化が悪い事とは思わないでほしい、多くの方たちは民営で頑張っているのですから。

Nara0364

不安定な時代だから安定を求めたい気持ちはわかります。しかし変化も悪くはない、長い間社会人をやってきた経験です。

さて、あなたはどうですか。私はどうでしょうか。

Nara0357

« 次はどこに行こう「京都植物園」 | トップページ | 京都を後にする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次はどこに行こう「京都植物園」 | トップページ | 京都を後にする »

フォト
無料ブログはココログ