« 京都の道はなぜ狭い「京都植物園」 | トップページ | 平安遷都と結界 その1「京都植物園」 »

2012年4月21日 (土)

ガソリンの値段はなぜ上がるのか

Nara0283

原油が枯渇してきたのでしょうか?それはありません。原油の可採埋蔵量は私が子供のころより増えています。それでは何が原因なのか?

政情不安の国ばかりで原油が見つかります。いえ原油があるから政情不安になるのかもしれません。確かに政情が安定している国での原油は枯渇したのかもしれません。リビアの問題、イラクの問題、ナイジェリアやベネズエラ、これらの巨大産油国で国際問題が起こっています。しかし本当にこれらの国が原因なのでしょうか?

Nara0289

アメリカで一般的に言われているのは「原油の値段が上がってほしい組織がある」事です。例えばアメリカのメジャー(大手石油会社)が儲かればアメリカの税収は増えます。今アメリカでまともに儲かっているのは石油や天然ガスの会社かコンピュータの企業くらいかもしれません。アメリカ政府としては税収を減らしたくない。だからイラクから石油を輸入していないアメリカがイラクにケンカを売ります。ちょっと過激すぎる発言ですね(笑)ちなみに石油会社で儲かるのはアップストリーム(油田)、ガソリンスタンドではそれほど儲かりません。

Nara0290

しかしそれ以上に原油の値段を釣り上げているのは市場です。金の価格と同じです。株価や世界的な債権不安から「物を買う」という行動に入ります。腐らなくて買えるものは限られています。金や原油はよい例です。しかし金も原油も数量はそれほど多くないので買いたいという人が少しいるだけで価格はどんどん上がります。結果として値段が吊り上っているのです。

Nara0293

金とは違って生活必需品に近い原油(大豆や小麦も同じですが)、市場取引からは外してほしい、それだけで価格は大きく下がるはずです。

Nara0294

« 京都の道はなぜ狭い「京都植物園」 | トップページ | 平安遷都と結界 その1「京都植物園」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都の道はなぜ狭い「京都植物園」 | トップページ | 平安遷都と結界 その1「京都植物園」 »

フォト
無料ブログはココログ