« 平安時代絵巻「平安の守護神」 | トップページ | 別格 「平安の守護神」 »

2012年3月24日 (土)

原発再稼働の違和感「USJ10周年」

Nara0135

原発の再稼働に反対するわけではなく、感じている「気持ちの悪さ」をまとめてみます。

関西では今年の夏に電力が19%たらなくなるそうです。関電の対策は二つに一つ、原発を再稼働するか利用を制限か。このような表現は誰でも不快に感じますよね、脅しにしか聞こえない。政府も「同じ穴の狢」なのでたちが悪いですね。電力自由化を即断すれば小口発電など19%程度であれば半年でどうにかできそうなものです。

Nara0141

再稼働のプロセス、プロセス自体は悪くありません。ただ専門家は「最終的には政府が決める」と判断を投げ政府は「専門家が判断した」といいます。それでどちらが「絶対に安全だ」と判断したのでしょう。私も意地悪ですね、原子力に「絶対安全」なんてないのですけど(笑)そもそも専門家が絶対安全と言っていた福島で事故が起こったのに同じ専門家の言う安全が嘘にしか聞こえません。

Nara0142

「管理されたリスク」それが重要な事はわかっています。海には津波がありますが、山にはがけ崩れがあります。高台だって日本が地震国である以上絶対に安全ではありません。事故は起こるという想定のもとで準備をすることが大切なのです。原発の場合、防災や減災では不完全、例えば避難路の整備や福島で失敗したヨード剤配布のしっかりとした制度を整備すべきです。

Nara0138

一番気持ちが悪いのは事故が起こった後も前も変わったのは「ストレステスト」という本来実施すべき当たり前のプロセスを言葉を変えて修正しただけで、人の面を含めて他が何も変わっていないのに再び絶対安全を信じろと言っている事でしょうね。

Nara0144

« 平安時代絵巻「平安の守護神」 | トップページ | 別格 「平安の守護神」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平安時代絵巻「平安の守護神」 | トップページ | 別格 「平安の守護神」 »

フォト
無料ブログはココログ